ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

関節炎の症状は左右非対称。間違えやすい関節の痛み

関節炎の症状は左右非対称。間違えやすい関節の痛み

膠原病には関節リウマチという病気が含まれています。

関節リウマチは、主に小関節が変形や腫れなどを起こすもの。
ベーチェット病にも、関節炎の症状があります。

最近、私も関節の痛みに悩まされている1人です。

最初は左ひざの痛み。
どのような痛みかというと、ひざをつくときに鈍痛が走る感覚です。



痛み止めを飲んでもなお、鈍痛は治らないため、
なるべく左ひざをつかない生活をしています。

続いてやってきたのは、左ひじの痛みです。

左ひじの痛みについては、
最初息子を抱っこした際に痛めたのかな? と思っていました。

それとも筋肉痛? と思っていました。
筋肉痛なら、2~3日で軽快するのがほとんど。

しかし私の場合、日に日に悪くなっていきます。
ひじから上腕にかけて痛むようになってきました。

関節炎は、自己判断が難しいことがあります。
膠原病には関節リウマチという病気が
将来大きくなった時、私と同じように病気を持つ人たちへ、
偏見なぜこんなに痛みが続くんだろうと思ったら、
ぜひ病院を受診してください。

ステロイド増量などの対応策で緩和することが多いようです。

私が今抱えている左ひじの関節炎は、指先のしびれを伴う症状。

痛いからと動かさないのはもっと危険。
動きが悪くなると、血流も滞ってしまいます。

軽いストレッチをしながら、温めるようにしてください。

関連記事

【PR】