ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

手足がかさかさ…かさぶたで醜い。乾皮症かも?

手足がかさかさ……かさぶたで醜い。乾皮症かも?

長私の手足は、かさぶただらけ。

とっても醜いんです。
結節性紅斑は出なくなりましたが、乾燥が激しくて悩んでいます。

冬はただでさえ乾燥肌になりがちですが、この冬は特にひどかった……。

自宅で過ごすことが多い私は、普段はたいていジーパン姿。
スカートを持っていますが、この冬は隠して過ごしていました。



特にひざ下が圧倒的にひどい症状で、
かさぶたと治りきっていないかきむしり痕で見苦しい限り。

この春、長女の華々しい入学式を迎えましたが、
とても足を出すスカート姿になることはできませんでした。

肌色のストッキングでもカバーしきれない。
私の手足は、かさぶただらけ。いろいろ調べてみましたが、もしかしたら乾皮症? かなと思っています。

乾皮症は、
加齢とともに皮脂が減少して乾燥することで起こる皮膚疾患です。

乾燥肌に細かなひび割れが起こり、
かゆみや炎症に発展していきます。

確かに、若い頃のような弾力がなく、
皮膚も随分変わったなと感じます。

アンチエイジングという言葉が話題になっていますが、
エイジングケアだけではカバーしきれない悩みもあるものです。

乾燥肌はとても敏感で、
ほんの少し傷ができただけでも炎症に発展してしまいます。
エイジングケアだけではカバーしきれない皮膚表面にある角質には、セラミドという油膜があります。

セラミドは、皮膚を保護する大切な成分。
年齢を重ねると、セラミドがどんどん減少していくのです。

エイジングケア製品には、セラミド配合のものも多く出ています。
失われたセラミドを補い、皮膚表面から水分が蒸発するのを防ぐためです。

春先まで続くのが一般的なようです。

別名を、皮脂減少性皮膚炎と呼んでいます。

初めは粉を吹いたような白っぽい四肢でしたが、
やがてぷつぷつした丘疹になり、激しいかゆみに発展しました。

皮膚のかゆみに耐えられず、
ついついかきむしってしまった結果、
見事にかさぶただらけの手足になってしまいました。

辛い、とにかく辛いかゆみ。

一度だけ皮膚科を受診したのですが、
ベーチェット病とは関連がないとの診断を受けました。

膠原病内科でも同様で、
一体なぜ私がこんな体になったのかな……と不思議で仕方ありません。

若い頃にはなかった悩みが、年齢とともに出てくる。
若い頃にはなかった悩みが、年齢とともに出てくる。冬に限らず、入念な保湿は大切です。

赤ちゃん時代にいかにケアをしたかで、
大人になった時の肌質は決まると聞いたことがあります。

今、子育てされている方も、ぜひお子さんの保湿は丁寧にしてあげてください。
かゆみはとっても辛いですよ。

関連記事

【PR】