ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

ひざをつくと激痛が走る。もしかして関節炎かも…

ひざをつくと激痛が走る。もしかして関節炎

1年ほど症状が安定していたのですが、この1週間ほど体に異変が現れました。

ひざの激痛です。
左足の膝蓋骨の下辺り、足の外側です。

手で触れると少し固めのしこりのような感触。

両膝を比べても、
左だけ少し隆起したような感覚を抱くことができます。

子育て中の私は、ひざをつく機会が多いんです。

オムツ替え、着替え、子どもと目線を合わせるとき。
さまざまなシーンでひざをついて座ります。

どこかでぶつけたのかもと様子を見ていましたが、
ぶつけた痕などは見当たらず。



まだ受診していませんが、
もしかして関節炎の症状かもしれないと不安に感じています。

立ち上がるときもわずかに鈍い痛みを感じます。

関節炎は、ベーチェット病に起こりやすい症状の1つ。

やんちゃ盛りの息子相手に、
ひざの痛みを抱えて相手しているのは辛いのですが、
痛みがひどい時は痛み止めで我慢しています。

関節に変形があると、関節リウマチなどの可能性も出てくると思います。

安定した症状ですっかり油断していましたが、
病気は突然悪化するんだなぁってつくづく感じました。

こういう事態を考えると、
やはりきちんと膠原病を診られる医師に
かかっていた方がいいのかなと思ってしまう……。

近日中に、病院を受診しに行ってきます。

関連記事

【PR】