ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

仕事再開してから気づいた有り難み。私なりの親孝行

主治医変え……言えずに苦悩する必要はなかった!

30歳になるまでは、自分中心に思うままに仕事に打ち込んできました。

その後、結婚・出産・育児・離婚と、
私の人生でさまざまな出来事を経験してきました。

そして今もなお、育児奮闘中です。

離婚を間近にした2015年7月1日に開業届を税務署へ提出。

私は独身時代の仕事からできるものを再開し、
今は在宅ワークでライターをしています。

過去を振り返れば、それに基づいた経験談や話題は尽きることはありません。

でも、それは所詮過去の栄光。
現役で突っ走ってきた時期と今の私では、100倍もの収入差があります。

私が自分でお金を稼ぐようになり、
子供たちを育てながら昔を思い出すことがあります。

母は、私が小学校に上がった時からすぐ、
得意だった裁縫を生かして、縫製所で働き始めました。
母は、私が小学校に上が母は 得意だった裁縫を生かして、縫製所で働き始めました。鍵っ子だった私は、ずいぶん寂しい思いをしたり、
卑屈になったりしました。

鍵を失くして、家の前で母が帰宅するのをただじっと待ち続けた日もありました。

疲れて帰ってきた母に、
八つ当たりすることもたくさんあったはずです。

でも、今になって思うこと。
育児と仕事の両立はすごく大変。

それを私が大人になっても続けた母。

一緒に暮らしている時は反抗期も長く、
ありがとうの言葉さえ伝えたことはありません。

離婚をきっかけに私たち親子が貧困にあえぐことがないか、
母はとても危惧し続けています。

おまけにベーチェット病が悪化したら……と不安に思っているようです。

そんな母に私なりに親孝行を続けているのは、2日に1度の電話。
そんな母に私なりに親孝行を続けているのは、2日に1度の電話。孫たちの声を聞かせ、今日はどんな日だったかとたわいない話をする。

ただそれだけのことですが、
私にとっては失われた子供時代を自分なりに取り戻し、
母との時間を作りたいと思っています。

今はまだ元気ですが、両親ともに70歳を超え、
二人とも脳梗塞を患っています。
母との時間を作りたいと思っています。いつまでも元気でいてもらうために、
最大の愛情を電話越しに伝え続けたいと思っています。

関連記事

【PR】