ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

深刻な手足の冷え……末端冷え性で悪寒まで感じる

深刻な手足の冷え……末端冷え性で悪寒まで感じる

冷え性の女性って多いですよね。
体幹は温かくても、手足だけは冷えが解消されない。

同じような悩みを持っている方は多いと思うんです。

私自身、手足の深刻な冷えに悩んでいます。
特に足先が冷たくて、暖房をつけても寒さが止まらないんです。

足先の冷えが解消しないと、悪寒まで感じてしまうようになってしまうんです。

手足だけに冷えを感じることを、末端冷え性と呼びます。
手足だけに冷えを感じることを、末端冷え性と呼びます。

ベーチェット病の症状が安定していても、
寒い時期はひどく悩まされるので困っています。

夏でも、冷房で足元が冷えて痛みを感じてしまうので、
薄手のブランケットを持ち歩くこともあるんです。

私の場合、体重変動が影響しているようです。
妊娠中や出産直後は体重が増加していて、あまり冷えが起こらないんです。

でも、体重が落ちてもともとのやせ型に戻ると、途端にこの症状が現れてしまう。
適度に体重がある方が、脂肪で体温を維持してくれるのかもしれませんね。

冷えの解消に使っているのは、白元から販売されている「レンジでゆたぽん」

座布団のような大きめサイズを使っています。
レンジで温めるだけで、繰り返し使えるのでエコロジーでいいですよ! 

膝の上に乗せたり、床に広げて足を乗せて温めたり。
じんわり温かさが伝わって、優しく体を温めてくれます。

これを使い始めて、早3年。
肌に透明感が生まれてきたような気がします。

就寝中のゆたんぽ代わりにも使えますので、とても便利ですよ。

冷えに悩む方はぜひ使ってみてください。

 

 

 

 

 

 

関連記事

【PR】