ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

自分の中の優先順位をまとめた・何が大事なのか?

自分の中の優先順位をまとめた・何が大事なのか?

生きるって、
それだけで大変なことですよね。

でも、生きているからこそ味わえる喜びもあれば、
生きているからこそ味わわなくてもいい苦労もある。

喜びと苦労はいつも一緒。

私の場合、
結婚や離婚は人並み(?)以上の経験で、
そこにまつわるストーリーもへんてこりんなものばかり。

元夫は我慢が足りない人で会社は転々として、
ボーナスすらまともに受け取ったこともない。

借金体質でお金にはルーズで、
それが間違っていることを伝えることができなかった。

資金もないのに起業して、
会社は未だに自転車操業。

給与は突然35%もカットされ、
生活がままならなくて引っ越したいと思っても、
いざとなった時の資金もなくて困ったこともある。

私の人生の中で幸いだったのは、
子宝に恵まれたことだと思います。

人生の中で幸いだったのは、 子宝に恵まれたこと

子どもがいなかったら話し相手もいないし、
寂しい独身生活を送っていたでしょうね。

でも、子どもがいるから自由に働けないというのも現実。

人生って、理想通りに生きられている人は、
本当にごく一握りなんだろうと思います。

シングルマザーをやっていると、
実家に帰ればいいじゃんと言われることもあります。

でも、実家には帰りたくない。

私は自由でいたいし、
実家に帰れば帰ったでいろいろ気遣いもいるし、
実家との折り合いが悪くなることもある。

実の親といえど、
一定の距離感でいることがすごく大事だと思うし、
それが親孝行の1つでもあるんじゃないかなって、
私なりの結論です。

実家に頼るのは悪いことじゃないし、
子どもたちのためにはとってもいい環境だと思うよと、
アドバイスしてくれる友人もいます。

でも、私なりに考えがあって、
実家を20歳そこそこで飛び出したのも、
閉塞感を抱いて逃げ出したかったから。

またそこへ戻るのは、本当に窮地になってからだと思う

もしくは、
親の介護が必要になった時かなと思っています。

元夫と離れてお金はないけれど、
自由は手に入れて、
実家に戻ってまた自由がなくなるのは嫌だ。

いろいろ考えあぐねた結果、
私の人生における優先順位を並べてみようと、
書き出してみました。

何が大事なのかを見直すために。

1. 仕事(まずは安定した収入を得ること)
2. 子ども(とにかく高校や大学を無事に通わせること)
3. ドラム(趣味を持つことが最大のストレス発散とエネルギーを得る方法)
4. 病気の安定(心身ともにいい状態を維持すること)
5. 友人(対人関係で困ることは少ないけれど、相談できる仲間を持つことは大事)
6. 恋愛(一番今興味がないこと。でも、いつまでも一人ってわけにはいかない)

と、上記のように並べてみました。

生きるって本当に大変。

それでも明日はやってくる。

優先順位を見直したことで、
本当に大事なことが改めてわかりました。

人生に迷いを感じている方は、
一度書き出してみるといいですよ。

 

関連記事

【PR】