ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

メンテは大事・歯医者にはどのくらいの間隔で行く?

メンテは大事・歯医者にはどのくらいの間隔で行く?

ベーチェット病は口腔内に潰瘍ができたり、
のどの痛みなどを発症したりするため、
定期的なメンテナンスで口腔内の衛生を維持することが大切です。

口は人間の体の入り口で、
意外と雑菌が多い場所です。

歯石や歯垢をブラッシングで取るようにしていても、
自分では落としきれないものです。

歯医者への定期通院が理想ですが、
そこで疑問となるのは、
どのくらいの間隔でいけば行けばいいのかということ。

毎月行く必要はありません。
仕事柄、歯医者さんのインタビュー記事をよく書きます。

みなさん語られるのは、
口腔内の状態や歯石のつきやすさは、人それぞれ全く違う。

そのため、
その人の口腔内環境に合う通院スケジュールを考えることが、
口の衛生状態を維持する秘訣だとおっしゃいます。
口の衛生状態を維持する秘訣

一回診てもらい、3ヶ月か半年かなど、
相談しながら通いやすい治療計画を立ててもらうといいでしょう。

何にもないのに歯医者に行きたくないという方もいます。

しかし、症状が出る前に行っておく方が、
歯や体にとって絶対いいんです。

歯はダメになったら修復できません。

どんなに美しいセラミックを入れようと、
自分の歯と同じくらいの価値あるものはありません。

ベーチェット病は口腔内の悩みがつきもの。

信頼できる歯医者さんを見つけてくださいね。

 

関連記事

【PR】