ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

髪のぱさつきや傷みが気になる・年齢とともに乾燥

髪のぱさつきや傷みが気になる・年齢とともに乾燥

肌の乾燥は、
女性なら気にされることが多いでしょう。

髪のうねりも、老化現象の1つのようなもので、
まとまりがなくなり、つやも失われていきます。

私が最近気になっているのは、
ぱさつきや傷みです。

髪を少し伸ばしただけで、
すぐにダメージが出てしまう。

必然的に長い髪型ができなくなるし、
ショートカットでなければ髪がいうことを聞かない。

ショートカットは嫌いではないし、
周囲の人から似合っていていいねと言われます。

でも、時々伸ばしたくなる。

パーマやカラーリングをしただけでも、
ショートカットだろうと傷む。
すぐにダメージが出てしまう。

 

35歳くらいまでは、
パーマとカラーリングの両方をしても、
そう簡単に傷むことはありませんでした。

乾燥肌は年々ひどくなるし、
髪も同じように水分や油分が失われるのだろうなと、
戦々恐々としています。

対策としてやっているのは、
洗い流さなくていいトリートメントをつけること。

ドライヤーをするときの熱から保護し、
乾燥による水分消失を防ぎます。

おすすめなのは、
パンテーンの「洗い流さないトリートメント」です。

 

価格もお安いので、毎日使っても気になりません。

髪のダメージに悩んでいる方は、
ぜひ1本試してみてください。

 

関連記事

【PR】