ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

ちょっと忙しいとすぐに来る! 顎関節症と口角炎

ちょっと忙しいとすぐに来る! 顎関節症と口角炎

この数週間、
娘のインフルエンザから始まり、
連続で息子の流行性角結膜炎となりました。

なんだか慌ただしいのと、
気持ちも落ち着かないし、
みんなが家にいるだけでペースが狂う。

いかに毎日きちんと、
学校や保育園に行ってくれることがありがたいか、
心から感謝しました。

そのしわ寄せがやってきて、
日常を取り戻したかのように見えた矢先、
忙しくなって疲労困憊。
忙しくなって疲労困憊。

突如、再来したのが、
顎関節症の痛みと開かなくなる症状。

そこに加え、口角炎も併発して、
口は開かない上に、開けるとビリリと激痛。

口角炎は小さいけれど、ひどい痛みなんです。

元気になるために、
栄養を考えてゆっくり休んで……、
なんて呑気なことも言っていられない。

ようやく暖かくなって季節がよくなり、
これから活動の季節! 

子どもたちに負けず、
毎日淡々と同じ日々を送る。

今日と同じ、昨日と同じ、それが本当に難しい。

金銭的にも気持ちの面でも。

顎関節症はマウスピースで乗り切るとして、
口角炎は軟膏を塗ってしのぎます。

どちらもひどい方は、
歯科医院を受診するといいですよ。
歯科医院を受診するといいですよ口腔内と口周辺も、歯科の範疇ですから。

もちろん、口角炎だけなら、
皮膚科や内科でも大丈夫です。

悪化すると赤く盛り上がり、
お化粧でも隠しきれなくなります。

そして、切れている部分が広がらないように、
保湿も大事にしてください。

 

 

関連記事

【PR】