ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

子どもからも感染する・流行性角結膜炎は要注意

子どもからも感染する・流行性角結膜炎は要注意

先日、息子が流行性角結膜炎になりました。

目が真っ赤に充血し、
眼瞼周辺が大きく隆起する症状です。

目やにも多く、
涙目がちになります。

たかが目と私も軽視していましたが、
一応眼科に行ってきました。

すると、初めてその病名を聞き、
なんとインフルエンザに相当する感染力で、
登園禁止令が発令。

しかも、治るまで1週間から10日、
ひどい場合だと1ヶ月かかるそう。

家族間の感染も要注意。

潜伏期間は1週間程度。
潜伏期間は1週間程度。タオルは共有せず、
目やにや涙をぬぐう際はティッシュで使い捨て。

こまめに手を洗い、目はこすらない。
脱いだ服は熱湯消毒が望ましいとのこと。

何もかもが驚き。

幸い、息子の治癒は早い方でしたが、
1週間後、見事に私が移りました。

目の充血は息子よりひどい。

とにかく目がかゆくて、
就寝中も不快感で目が覚める。

点眼薬の処方は、2つ。

抗炎症ステロイド水性混濁点眼薬・フルメトロン。
広範囲抗菌点眼薬・クラビット。

この2つが第一選択肢となります。
この2つが第一選択肢となります。5分置きに2種類を点眼し、1日4回が基本です。

発症から2~3日が最もひどくなります。
家族間の感染は、飛沫と接触。
入浴は一番後にした方が安全です。

とても感染力が強いため、受診はした方がいいでしょう。

同じ充血・かゆみ・目やにを発症するものでも、
アレルギー性結膜炎もあります。

ウイルス検査を眼科で実施していますから、
花粉が飛散する時期はどちらか自分では判断しにくいです。
自分では判断しにくいです。

しかし、流行性角結膜炎は登園も出社も禁止です。

パンデミックになり得る病気ですから、
治癒証明書が出るまでしっかり養生しましょう。

早く治したいなら、しっかり休んで、
栄養のあるものを食べること。

免疫力が上がらないと治りません。

急いで治したいと思っても、
目はなかなかケガのようにはいきません。

とにかく点眼。
ホウ酸やアイボンは、補助的な役割だそうです。

これらは、目の表面の汚れやほこりを洗い流すもので、
やりすぎによる結膜の炎症も報告されています。

ウイルスがあるときは、
あまりおすすめできません。

私もやろうと思ったのですが、
ネットで調べてよくないと分かったのです。
ネットで調べてよくない

充血なんてあまりわからないだろう、
登園させてしまおうと思ったのですが、
目の腫れがひどかったので、
きちんと対処して登園は控えました。

息子がきっかけで、保育園に広がってしまい、
ほかのお母さん方に迷惑をかけるわけにもいきませんから。

学級閉鎖や園閉鎖なんて事態もあり得るでしょう。

怖い病気なんです。

保育園や幼稚園の病名一覧には、
医師の診断で登園可能となってからと、
どこでも表記されています。

目の充血と甘く見ず、
必ず受診して診断してもらってくださいね。

関連記事

【PR】