ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

生物学的製剤の副反応・顔のイボは5年経つ今も続く

生物学的製剤の副反応・顔のイボは5年経つ今も続く

5年ほど前になるでしょう。

私がまだ順天堂浦安病院の膠原病内科で治療を受けていた頃、
新薬として登場した生物学的製剤レミケードを使用しました。

点滴による投薬で、
2時間ほどかけて体内に取り込んでいきます。

7週に1回の外来で行い、
経口薬を減らしていこうとの試みから処方されました。

しかし、
その恩恵を感じることなく現れたのが、
顔のイボでした。

イボはとても根が深い。

顔のイボは嫌だと、
コンプレックスになっていることを伝え、
主治医に中止してもらうよう要請したものです。
現れたのが、 顔のイボでした。その後、皮膚科にも相談を始め、
イボの液体窒素凍結療法を行い、
焼いてイボを消していく治療が開始されました。

皮膚科は、自宅から近いクリニック。

順天堂浦安病院の准教授を務める若い先生で、
いつも親しみを持って治療にあたってくれます。

膠原病治療による副反応として、
特定疾患医療費助成の公費負担で、
2割負担の治療で受けさせてもらっています。

大変理解のある先生で、
私も全幅の信頼を置いていますが、イボは本当に長い戦い。
イボは本当に長い戦い。焼いてもまた出現する。

だから、
繰り返し凍結療法をやっていくしかない。

化粧ノリも悪くなるし、
今でもコンプレックスです。

でも、続けていくしかないのです。

 

関連記事

【PR】