ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

ヘルプマークを使ってみた・意外と認知度が低い事実

ヘルプマークを使ってみた・意外と認知度が低い事実

以前ご紹介した「ヘルプマーク」を覚えていますか? ※その記事はコチラ

内部疾患や難病患者、
妊娠初期の人に携帯してもらうマークです。

都営地下鉄や都営バスが中心となり、交付しているものです。

たまたま都営地下鉄を利用した際、
ヘルプマークが欲しい旨を伝えて、
その場ですぐ受け取りました。

受け取った印象は、意外と大きい。
そして、赤がベースで大変目立つ。

最初は、妊婦マークのように小さいだろうと思っていたのですが、
ちょっと想定外の大きさにびっくりしました。

早速、愛用のバッグに取り付け、使い続けています。
愛用のバッグに取り付け、 使い続けています。感じたのは、やはり認知度の低さです。

装着開始から早いもので2か月。
これまで声をかけられたのは、1回だけ。

しかも、耳鼻咽喉科の看護師さんから。
「これ、なあに? 」

え? 看護師さんも知らないんだ! 

ヘルプマークを病院関係者も知らないのなら、
一般の人々はもっと知らないだろうと思いました。

私がここで強調したいのは、本当に困っている人のため、
ヘルプマークをもっともっと広めて欲しいということです。

私はベーチェット病と椎間板ヘルニアとあり、
ヘルプマークを試験的に装着しています。

しかし、本当に辛い内部疾患を抱えている人は、
世の中にたくさんいるんです。
辛い内部疾患を抱えている人は、 世の中にたくさんいる見た目では決してわからない障害。
そして、配慮してもらえない悲しみと辛さ。

いざ、発作を起こしたときに、
ヘルプマークがあれば持病があることがわかる。

1人が2人に声をかけ、
その2人がまた2人に声をかけ、
どんどんヘルプマークを広めてください。

このヘルプマーク事業は、
東京都が中心となっている取り組みです。

私が感じたのは、
各都道府県で啓発活動をすべきだということです。

常々思っているのは、
難病だからといって人に甘えてはいけないということ。

ですが、
やはり健常者と同じように過ごせない場合もあります。

急に腹痛や関節の痛みが出てきたり、
めまいや吐き気に襲われたり。

人混みにいるだけで辛いこともあります。

自分でも予期せぬ苦痛に襲われることがあり、
お守り的に持っている方もいます。お守り的に持っている方もいます。認知度が低ければ、
いくら都が配っても意味がありません。

単なるアクセサリーのようなものになってしまいます。

すごくもったいないです。

「これはなに? 」と、声をかけられたのは、
すごくいいきっかけだったと思います。

そこから広がっていくことが大切ですから。

私がこうやってヘルプマークをお知らせすることで、
世の中に浸透していければと思います。

もしかしたら、
あなただってヘルプマークが必要になるかもしれない。

大切な家族が必要とするかもしれない。

そうなったら、
決して無視できないですよね。

一人ひとりの意識改革と、
世間に認識を高めることに意義があります。世間に認識を高めることに意義があります。これを読んでくださった方は、
どうぞ身近な人に伝えてください。

SNSでも広めてくださる方もいます。

どんどん情報拡散していきましょう。

 

関連記事

【PR】