ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

医療ドラマは役に立つ・医学の進歩を描いた「仁」

医療ドラマは役に立つ・医学の進歩を描いた「仁」

自分自身の闘病やこうした医療記事を書くことをきっかけに、
医療ドラマに関心を高く持つようになりました。

医療ドラマは、
監修が甘いと面白みと深みに欠けます。

私がすごくハマったのは、「JIN-仁-」です。

大沢たかお主演で、
現代の脳外科医が江戸時代にタイムスリップしたドラマ。
現代の脳外科医が江戸時代にタイムスリップしたドラマ。なんともすごいシチュエーションですが、
現代医学というのは素晴らしく便利で、
目覚ましい進歩を遂げてきたものだということを、
ドラマを通じて感じました。

何回も観ているのですが、その都度新しい発見がある。

注射針1つ作るのも、大掛かりな仕事でした。
聴診器も絵に描いたものを、真似て作る。

限られた中での医療で、
数多くの命が失われ、仁先生によって救われ。

現代に至るまで、
その時代ごとに新しい病気の発見があったのでしょう。
その時代ごとに新しい病気の発見ベーチェット病の発見も、1937年でした。

当時はまだこれといった対処法もなかったのでしょうね。

今、私が服用している薬は、
ベーチェット病患者にとっては当たり前の薬です。

しかし、ここにたどり着くまで、
ものすごいたくさんの人が携わり、
膨大なる研究と失敗を繰り返してきたのだろうと思います。

そう思いながら、仁を楽しんでみています。

 

医学の発展と苦悩を、ぜひ観てください。

 

関連記事

【PR】