ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

風邪の引き始めに悪寒・寒気が起こるメカニズム

okansa

すっかり寒くなり、
あっという間に風邪を引きました。

しかも、親子揃って。

インフルエンザも心配な時期ですから、
警戒し続けていかなければなりませんね。

相変わらず、のどの痛みと悪寒から始まります。
悪寒は本当に辛い。

どんなに体を温めようとも、決して治るまでは消えない。
ふと感じた疑問です。

なぜ人は悪寒を感じるのか? 
なぜ人は悪寒を感じるのか? ウイルスや細菌によって、
風邪などの感冒症状が起こります。

そうした外敵を排除するため、
白血球の働きが活発化します。

加えて、体温を上昇させて治癒するように活動し、
今ある体温を下げない工夫をしているのです。

体の表面にある毛穴を閉じ、
血液の流れが悪くなってしまいます。

これが、悪寒が起こるメカニズムです。

悪寒が起きたときの対処法は、
首や手足を温めること。

体の表面にある毛穴を閉じ、 血液の流れが悪くなってしまいます首には大きな血管がありますから、
効率よく体温を保護することができるでしょう。

ベーチェット病患者は、
風邪をこじらせてしまうことが多いです。

また、風邪にかかりやすいです。

予防意識を大切に、
手洗いとうがいはこまめに行うといいですよ。

寒さが厳しくなれば、
ウイルス性腸炎なども不安ですよね。

家族全員で対策しましょう。

 

関連記事

【PR】