ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

背中のブツブツに悩んだ10~20代・正体は毛嚢炎!?

背中のブツブツに悩んだ10~20代・正体は毛嚢炎

私が人生の中でコンプレックスを抱いていたのは、
背中に出現した無数のブツブツ。

いつも、背中が汚いなって、
あまり見せたくないと思ったものです。

水着を着るときも、
髪の毛を伸ばしてなるべく隠してきました。

かゆみはあまりないのですが、
ブツブツとしたニキビのようなものばかり。

痕も残りやすい。すごく嫌でした。

そうした10~20代を過ごしてきて、
30代になってベーチェット病治療を開始し、
自然となくなりました。

気づいたら、背中がきれいになっていたのです。
気づいたら、 背中がきれいになっていたのです。もしかしたら、
年を取って乾燥肌になったからかなとか、
皮脂の分泌が減少したためかなとか思いました。

でも、最近になって気づいたのです。

そう、あれは毛嚢炎で、
ベーチェット病の薬で改善していたんです。

まさか、
背中のブツブツがベーチェット病のサインだったなんて、
症状が出ていたのですよね。

発症からもう10年近くが経とうとしています。
発症からもう10年近くが経とうとしています。

そこでようやく気づいたんです。

結果オーライですが、
今そうした悩みで苦しんでいるなら、
口内炎の出現の有無なども確認し、
膠原病内科の受診をおすすめします。

皮膚科でも大丈夫です。

早期に発見し、
コンプレックスを払拭してくださいね。

 

関連記事

【PR】