ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

一世一代の買い物で「女子力」を上げるきっかけに!

4961d91ed02f663c0948a12df6a7109c_m

私、あんまり買い物はしないタイプです。

子どもたちのおもちゃも、
無駄ムダむだ! というくらい。

そんな私ですが、たまに買うものが非常に高価。

最近した大きな買い物は、
ローランドの電子ドラム「V-Drum」シリーズ。

 

ヤフオクにて8万5000円也。
デスク脇に設置し、誘惑に負けまいと仕事を頑張っております。

それはさておき、最近もう1つ大きな買い物をしました。

やはり、ロックンローラーの端くれとして、足元にはこだわりたいと。
エンジニアブーツを購入しました。
ローランドの電子ドラムエンジニアブーツの老舗・チペワ11inchです。

 

5万4000円也。
高額なブーツを買って何か変わったか? と言いますと、変わりました。
まず、靴の手入れなんてしたことがなかった私が毎日磨く。

そして、靴がロックなら、ヘアスタイルもロックにと、
サイドのヘアをピンでバシバシ留めてモヒカンスタイルに。

ここまでやるなら、ちゃんとメイクもしなければ。
エンジニアブーツを購入
在宅ライターとして、
今まで保育園の送迎程度の外出しかなかった私が、
毎日メイクするという女子力の上がる結果に。

まさかのブーツ1つで、自分の変化に驚いています。
気持ちもシャキッとする。

40歳になって、自分の中にいろいろな変化がありました。

子どもはまだ小さいものの、
自分の人生を諦めちゃいけないなって思うようになったんです。

だから、ドラムも習い始め、
今はギターの相方ができてバンドメンバー募集中。

在宅ライター業もコツコツと地道に進んでおります。↓

まさに、公私ともに素晴らしい時期じゃないですか! 

30歳そこそこの頃は、
将来って見えていなかったんです。

ただ目の前のことをやっつけるだけ。

40になってから、自分は今後どんな風に生きていき、
どう充実したものにしたいかを考えるようになったんです。

私が買ったチペワのエンジニアブーツは、
修理や補修を工房へ依頼すれば、何十年も履き続けられるブランドです。

じゃあ、何十年先になっても、
このエンジニアブーツとともにロックやって、安定した暮らしができているかな。

そうありたいなって思い、一世一代のお買い物をいたしました。
一世一代のお買い物をいたしました。
やっぱり、
病気だからってマイナスな方向へ行ってはいけないと思うんです。

前向きに、自分らしさを追求することは、
気持ちに張りが出て生き生きできる。

まさに、生きている証です。

買い物したことから派生した私の女子力、ロック魂。
自分で自分が面白いなって感じました。

今日も明日も、何事も全力で。
そうしていればものすごく楽しい人生だったって、最後に思えるはずだから。

 

関連記事

【PR】