ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

治療成果の良好! 椎間板ヘルニアの痛みとおさらば!

a67fadf_m

椎間板ヘルニア発症から2週間。

1つ目の整形外科で治療を続け、
薬を増加して……とやってきました。

その薬の増加がとても良かった。

びっくりするほど痛みが引き、10あった痛みが1にまで。

すごく楽になりました。整形外科の先生も喜んでくれて。
すごく楽になりました。

このまま薬の量を2週間持続し、
以降は様子を見て減量に入るそうです。

一時はどうなることかと不安でいっぱいでしたが、
早期回復したのは先生が薬の増加を判断してくれたおかげです。

2箇所行った整形外科のうち、
どちらを選ぶかでも迷いました。

でも、最初に行った整形外科は注射が上手で、
選ぶ決め手にもなりました。

自分の勘も鋭かったような気がします。

しばらくコルセットは装着しててください、
とのこと。
しばらくコルセットは装着しててください

腰の激痛は、今思えば短期間だけのことでしたが、
ものすごく長いトンネルにいるようでした。

きちんと投薬を受け、指示通りにストレッチをすれば良くなる。
身を持って知りました。

膠原病治療も同じ。
病院と医師選びも重要。
信頼ってこういうものなんだな。

痛みが取れるごとに、先生に感謝しました。

自分の意思とは反して、
どんどん医療の最先端をごり押しして来る先生は注意。

患者側もきちんと気持ちを表現し、
どうしたいかを伝えることを忘れずに。

 

 

関連記事

【PR】