ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

痛い老化現象の1つ・椎間板ヘルニアを発症した!

痛い老化現象の1つ・椎間板ヘルニアを発症した!

最近の中高年は、すごく見た目年齢が若いですよね。
私も気持ちはいつまでも若くありたいと思っています。

しかし、やはり体の老化現象には抗えない。
突如としてやってきた謎の激痛が腰を走る。

右側が特にひどい。
目覚めてすぐに違和感を抱きました。
痛み止めを飲んでもダメ。

どうしようもなく整形外科へ。
どうしようもなく整形外科へ。レントゲンで確認したところ、
第4と第5腰椎、加えて仙骨の隙間が狭くなっているとのこと。
詳しく診断するには、MRIで検査しなければなりませんが「椎間板ヘルニア」と言われました。

椎間板ヘルニアって高齢者の病気じゃない? と一瞬頭をよぎりました。

だって、うちの父が今まさに悩んでいる病気ですから。

痛みがひどいのですが、クリニックレベルでは膠原病患者にブロック注射はできないとのこと。
トリガーポイント筋肉注射というのを、2週にわたって打ちました。

クリニックレベルでは膠原病患者にブロック注射はできない痛い。

ストレッチで動かした方がいいというけれど、バキボキ音がして痛い。
注射をしても痛い。

それでも子どもの抱っこや家事は待ってくれない。

デスクワークもしんどいし、どうしても前傾姿勢になってしまう。
早くこの痛みだけでもなくなりますように。

 

関連記事

【PR】