ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

空調が合わずに悩む方必見! 運動はするべし!

空調が合わずに悩む方必見! 運動はするべし!

お勤めの方は、オフィスの空調に悩まされることがありませんか? 

オフィス全体を一括して動かすタイプの空調だと、
夏は冷えすぎるし、冬は暖かさが足りないといった事態に陥ることがあります。

寒暖差が起こるのが、
ベーチェット病において最も危険です。

私は、40歳を過ぎてから空調との相性が極端に悪くなりました。
空調との相性が極端に悪くなりました
夏は26度設定にしてても寒く、長袖を羽織ります。
冬はいくら暖房をつけても、手足が冷える。

体の芯から冷えるんです。

以前、派遣会社にお世話になっていたことがあるのですが、
依頼を受けて勤めた先で空調が抜群に悪かった。

冬は底冷え。膝掛けも必要でした。

とはいえ、空調なしで暮らしていくことは難しいですよね。

家族は暑いと言い、みんなと足並みを揃えることができません。
ついには、「我慢して」と言われる始末。

我慢した結果、夜中に悪寒に襲われて発熱するという、
地獄のような事態に……。

ですから、私は夏の外出でも必ず上着を持ち歩き、
スーパーに入った瞬間から着ます。
スーパーに入った瞬間から着ます。車の中には必ずフリースのブランケットを用意しています。

寒さというのは、
着込めばどうにかなるというものではありません。
芯から冷える寒さは、しのぎようがないのです。

私なりに体質改善しようとして取り組んでいるのが、
1週間に1回は汗を掻くことです。

普段は、真夏の炎天下でもさほど汗を掻かず、
ぎらぎらの日差しでも耐えられます。

そして、在宅でデスクワーク中心の私は、
空調の効いた部屋で汗を掻かずに過ごしています。

汗を掻くということは、新陳代謝を高める行為です。

新陳代謝能力が落ちると、冷え・便秘・肥満を引き起こします。
運動しない上に、食事もしっかり取っていない。

この悪循環を断つため、1週間に1回は体を動かすようにしているんです。

ただ、外でも室内でも運動は大嫌いです。
スポーツと聞くだけで、気が遠くなりそうなほど……。
外でも室内でも運動は大嫌いです。そんな私が実践しているのは、スタジオでのドラムなんです。

いつも同じ曲を集中して練習しているのですが、
1時間ループで叩き続けるだけで汗が流れ落ちるほど出ます。

デスクワークで動かすことがない、腕や足も連動する。
ただ、座ったままできるので、運動より楽なのは確か。

ジョギングやウォーキングって、
志を持って取り組まないと続かないですよね。

スポーツクラブでジムもなかなかいいお値段を取ります。
私が利用しているスタジオは、個人練習で1時間700円と格安。

しかも、ずっと好きな曲を聴いていられる。
とても幸せです。

こうして体を少しでも動かすようになり、筋力も必然とついてきています。
以前は、ちょっと子どもを抱っこしていただけで、足や腰が非常にきつかったです。

ドラムを始めて8ヶ月ですが、
3歳の息子でも6歳の娘でも肩車して歩けるようになりました。

3歳の息子でも6歳の娘でも肩車して歩けるように

筋トレという言葉は、
高齢者の寝たきり対策にも有効だという見解がありますが、
趣味の中でも自然と筋トレはできるものです。

最初は腕も足も脳も、すべてが思うように動きませんでした。

今では、デスクで執筆しながら、
音楽に合わせて足でリズムを取ることができます。

空調で腕はまだ冷えを感じますが、
足先が冷たくてどうしようもないという悩みはなくなりました。

きっと血流もよくなっているのでしょうね。

どんどん自分なりに叩けるようになり、
ドラムの深みにはまっていくとともに、体も元気になっていく。

そして、気持ちも若々しくいられる。

そんな期待をしながら、
日々の練習をこっそり自宅のデスク下でしているわけです。

もし、オフィスの空調が合わないようなら、
無理せず席替えを頼んでみるのも1つの手段です。

でも、体を動かすきっかけがあったなら、1度やってみてください。

カイロや湯たんぽで温めるのもいいですが、
結局は根本的な解決策ではないんですね。

やはり、体の機能を向上させないといけません。
何が好きかを想像してください。動くのが面倒だな。運動は嫌いだな。毎日続けるのは億劫。

いろいろな理由があると思います。

毎日じゃなくても大丈夫です。
気が向いたとき、思い出したときにできることを始めましょう。

まず、何が好きかを想像してください。
無理なくできることが1番楽しくて、継続していけるからです。

その時その時の気分で決めても構いません。

昔の私は、夏でもフリースの上着を着用していました。
家族もその姿を見て、おかしいなと笑いました。

でも、自分ではとても空調がきつくてつらい。
なぜみんなは平気なのだろうと、私の方が思いました。

それが、ドラムをやるようになって迎えた夏から、何てことなくなったんです。

いかに体を動かすことが大切かを理解した気がします。
いかに体を動かすことが大切かを理解した気がします。

仕事柄、規則正しい生活・バランスのいい食事・適度な運動という言葉は、
三種の神器のように使います。

実際は、胸を張れるほどはできていません。

その中で唯一実践できたなというのが、適度な運動です。

それだけでこんなに変わってくるのですから、
多くの方に試してもらいたいと思います。

趣味を持つというのは、何においても素晴らしいことだと思います。
気持ちの張りが、健康増進へとつながるのですから。

 

関連記事

【PR】