ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

体は正直・低気圧が近づくと起こる体調の微妙な変化

体は正直・低気圧が近づくと起こる体調の微妙な変化

低気圧や台風、寒波。
気象はころころ変わりますよね。

その都度、体調に違和感を抱くことはありませんか? 

私は小学校の頃からあります。

低気圧が近づくと、頭痛・足のだるさ・むくみ・顎の痛みを感じます。

頭痛が悪化し、吐き気をもよおすこともあるんです。
低気圧で調子が悪くなるなんてあるの?!

低気圧が近づくとインターネットで検索してみるとわかるのですが、
意外とそう感じている方っているんです。

低気圧が去るとまた楽になる。

だから、体で気象の変化を感じることもあります。

豪雨が来る前も、なんだか頭がずーんとする。
雨雲レーダーより正確かもしれません。

今のところ対応策はなく、ただやり過ごすだけ。
雨雲レーダーより正確かもしれません。ただ、頭痛などの痛みを緩和するため、
痛み止めの服用や吐き気止めを使うことはあります。

私なりの民間療法は、足を上げて横になること。

むくみの改善にもなりますし、
下がった血液を押し戻す効果もあって、少し体が楽になります。

軽いストレッチも効果的ですよ。

あぐらをかいて座り、
左右前後に体を揺り動かすように、ゆっくり曲げていきます。

体調不良だと体をかばって動かなくなりますが、
かえって悪くなることもあります。

こうしたストレッチも取り入れてみてください。

 

関連記事

【PR】