ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

ぶつけていないのにアザができる・膠原病の不思議

ぶつけていないのにアザができる・膠原病の不思議

膠原病を疑われている方。

そして、闘病真っ只中にいる方。
アザに悩まされたことはありませんか? 

私は、いつも子どもに指摘されて気づきます。

足にも腕にも。青いアザがいくつも。

アザに悩まされたことはありませんか? ぶつけた記憶があることもありますが、
多くはいつの間にかできたものです。

以前、アザができることを順天堂浦安病院の先生に相談しました。



特別な検査はしてもらえず、
「ステロイドを服用しているため」とのことでした。

納得できないまま今に至りますが、アザは現在進行形です。
アザが出現してから消えるまで、2週間ほどかかるときもあります。

子どもがいつも心配するんです。
「ママ、冷した方がいいんじゃない」って。

アザは現在進行形です。痛みはあまりないのが特徴です。

アザだけがひどい。
最初に見たときより、どんどん広がっていく。

こんなアザに悩んでいるときは、
何かしら前兆なのかもと感じます。

もし、アザに悩んでいる方は、膠原病内科へ相談してみましょう。

心配なことは、納得できるまで話を聞くことが大切。
私のようにもやもやした感じで終わらせないようにしてください。

詳細な血液検査でもっとわかることもあるはずですから。

 

関連記事

【PR】