ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

ベーチェット病患者はペットを飼ってはいけない?

ベーチェット病患者はペットを飼ってはいけない? 

ベーチェット病とペット。

動物って可愛いですよね。
確定診断されたけれど、動物を飼ったら悪くなる? 

そんな心配をされる方もいるでしょう。

答えは、NOです。

ベーチェット病患者には、ペットを飼っている方々がたくさんいます。

眼病変を患い、失明した方は盲導犬を利用しているケースもあります。
私も、ミニチュアダックスフンドを飼っています。
私もミニチュアダックスフンドを飼っている

動物は、癒やしの効果も持っています。
セラピードッグってご存じですか? 

こわばった心やトラウマを抱えている人を解きほぐす効果がある、
今話題の新しいセラピーです。

人によるカウンセリングより、動物の方がいいという方もいるんですよ。

そりゃ生き物ですから、お世話は大変な時期もあります。
でも、動物を飼ったからといって、症状が悪化することはありません。

これからペットを飼いたいと思っているベーチェット病患者の方も、
安心して動物たちを迎えてあげてください。
安心して動物たちを迎えてあげてください。

毎日楽しく過ごすことが大切。ただし、命に対する責任は持って。

入院を伴う場合はどうすべきか、あらかじめ考えておくこと。
家族の一員として、かけがいのない時間を過ごせますように。

 

関連記事

【PR】