ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

口内炎頻発! 再燃期……腫れと顎の痛みを伴う症状

kounaiita

順天堂浦安病院から転院して1ヶ月半。

今まで順調な経過を辿っていたため、
娘の小学校入学に合わせて転院を決めました。

しかし、最近どうも調子が悪い。
頭痛・関節炎・口内炎が再び出始めるようになりました。

特にひどいのは、口内炎です。
ここ2年ほど、口内炎の症状はなかったといっても過言ではありません。

この数週間、腫れと痛みを伴うアフタ性潰瘍が出現しています。

生活環境が変わったのは娘なのに、
やはり私自身もいろいろな緊張があるのでしょうか? 

どうも体がついていかない気がします。
どうも体がついていかない気がします。最初は左ひじの関節炎だけだったのが、右ひじにも出るようになりました。

左右対称ではなく、交互に出現する感じです。
口内炎は顎まで痛み、顎関節症も悪化した気がします。

アフタ性潰瘍に有効な塗り薬があり、
歯科医院などでも処方してくれます。

でも、私はあまり好きではないんです。食べ物が美味しく感じられないので。

注意しているのは、刺激物と柑橘系は避けること。
刺激物と柑橘系は避けること。なるべく痛みを感じないように、ゆっくり噛むことです。

顎関節症の痛みは、
ずーんと重たいものを顎にぶら下げている感覚。

それが悪化し、頭痛が起こるのです。

顎と頭はつながっていて、
どちらかの筋肉が緊張すると痛みを感じます。

なるべく温め、軽いストレッチで緩和するように心がけています。
口内炎が歯に触れるととても痛いですよね。

私がしている対処法は、小さくカットしたガーゼを細長く丸め、
頬と歯の間に詰める方法です。

この方法は、歯の噛み締め防止にも効果的で、
顎関節症緩和にもつながります。

ガーゼは、ロールガーゼという商品を使っています。

 

ロール状に巻いてあるものから、
好きな分だけカットして使える便利なアイテムです。

ロールガーゼは、
ケガの処置・包帯代わり・料理・茶漉しにも使えます。

私は、愛犬の歯磨きにも使っていますよ。
家庭に1つあると便利です。

カットしてあるガーゼより安く、
ボリュームもあるのでリーズナブルです。

ドラッグストアでも気軽に購入できますが、
私はアマゾンで購入しています。

たまにプライスダウンしているときを狙い、必ず購入するアイテムです。

口腔内にガーゼを詰める方法は私のオリジナルですが、
ガーゼの代わりにティッシュを使うのはあまりおすすめできません。

ティッシュは水に溶けやすく、
口の中に繊維が残りやすいので注意してください。

ガーゼなら、口腔内に詰めたまま顎のストレッチをすることもできますよ。

関連記事

【PR】