ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

唐突に起こった激しい腹痛。CTでもわかりにくい腸炎

sutorezu

ゴールデンウィークを迎え、
子どもたちと遊ぶべく、仕事量を調整していた私。

休日初日、朝10時のこと。

ピンポーン……。

近所に住む娘のクラスメートの男の子が、
自分の姉と何の前触れもなく連れ立ってやってきました。

まだ、よく知らない姉弟友人に戸惑いましたが、
何の断りもなくズカズカと室内へ……。

それまで毎日学校が終わると遊んでいた二人。

子どもたちの出入りが多く、自宅で仕事をしている私は、
その慌ただしさに精神的に疲れ果てていました。

「暇だから来た! 」

えー、
うちは暇じゃないんですけど……と言いたい気持ちを我慢し、
昼休みを挟んでほぼ1日我が家で過ごした姉弟友人。

私って、すごくストレスに弱いんだなって思ったのは、
その日の夜。

急激な腹痛が襲い、
冷や汗と差し込むような痛みにもがき苦しむ始末。

へそ周りから始まり、徐々に右下へ痛みが移動。
もしかして盲腸? 嫌な予感を抱きつつ、痛みが引くのを祈るだけ。

翌朝になっても痛みが引かず、順天堂浦安病院の消化器内科へ。

腹部CTとレントゲンをしましたが、
特別な異常は見られませんでした。

もしかして盲腸?
盲腸ではないとの診断もいただき、腸炎ということでした。

処方されたのは、抗生物質・整腸剤・胃酸抑制剤・痛み止めだけ。
幸い、時間の経過とともに、5日ほどで痛みが落ち着きました。

でも、腸炎にしては長かった気がします。

ゴールデンウィークは何としてでも遊ばねば! という、
執念で治った感じです。

精神的なストレスは、体の免疫力を弱めます。
私もはっきり体調に現れてしまいました。

ベーチェット病では、
腸管ベーチェットという特殊病変もあります。

腸管ベーチェットは下痢・下血・吐き気などを伴います。

腹痛にもいろいろな痛みがありますが、
腸管ベーチェットは深刻な症状を引き起こすことで知られています。

いつもと違う痛みなら、絶対診察を受けるべきです。

普段診察を受けていない病院なら、
必ずベーチェット病であることと服用している薬を伝えてください。

何でもなければそれでよし! で検査を受けてみましょう。

関連記事

【PR】