ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

喫煙者の方はご注意。ニコチン性口内炎のリスク有り

喫煙者の方はご注意。ニコチン性口内炎のリスク有り

私は喫煙者です。
1日に1箱くらい吸っています。

喫煙と口内炎って、一見関連のないものだと思いますよね。
私もそう思っていました。

最近になって、とても気になる症状が出て来たんです。

私はいつも右寄りの唇でたばこを吸う癖があるんですが、
その唇やそこから吸い込んだ煙が当たる口腔内粘膜に、
口内炎ができることに気がついたんです。

たばこと口内炎。
ニコチン性口内炎のリスク有りたばこの煙は熱を帯びており、
吸い込んだ煙は口腔内を乾燥させてしまいます。

そのため、乾燥した部分が炎症を起こしやすいんです。

喫煙習慣のある方は、
いつも同じ位置でたばこを咥えることが多いはずです。

日常的にたばこに含まれる煙を吸い込み、
有害物質が乾燥した口腔粘膜へダメージを与えてしまい、
やけどに似た症状を引き起こすとされています。

ベーチェット病にもアフタ性潰瘍と呼ばれる口内炎が起こりますが、
喫煙者の方に多いのはニコチン性口内炎だとされています。

治療法として挙げられるのは、喫煙習慣の見直しです。

しかし、禁煙は難しいですよね。
たばこは百害あって一利なしといわれるほど、利益を生まないものです。

私も喫煙と禁煙を繰り返しながら、今も止められずに喫煙を続けています。
喫煙に頼ってしまうのは、やっぱりストレスを解消するため。
たばこは百害あって一利なし集中力を持続させる目的もあります。
仕事中の眠気覚ましにも、今の私には有効な手段です。

体に悪いと知っていながら止められないのは、
ニコチン依存症が原因だとされています。

禁煙外来も増えてきていますが、
やっぱり禁煙って大変なことだと思います。

強い意思と絶対的な目標が必要です。

ただし、ニコチン性口内炎の予防策として
口腔内の乾燥を防ぎ、ビタミンBを多く摂取するように勧められています。

喫煙後はうがいや口の中をすすぐことで乾燥状態を防ぎます。
やっぱり禁煙って大変なこと口腔内に付着したニコチンなど有害物質を、
うがいで洗い流すことができるメリットもあります。

食物から摂取することが理想的ですが、
サプリメントでビタミンBを積極的に取ることもいいでしょう。

アフタ性潰瘍とニコチン性口内炎はとても似ているため、
見分けが難しいかもしれません。

ベーチェット病にすでにかかっている方は、
なかなか症状が改善せず、長引いてしまう傾向があります。

自己判定が難しい上、早期改善が見込めないのなら、
歯科医院や口腔外科などへの受診をしてください。

私も再発しないよう、
少しずつ本数を減らす努力をしていきたいと思います。

関連記事

【PR】