ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

TAG闘病

生理で股関節が痛む・ヘルプマークがなくて困ったこと

生理で股関節が痛む・ヘルプマークがなくて困ったこと

私は生理痛がひどい方ではありませんが、 ベーチェット病に関連した関節痛が伴う場合があります。 それが顕著に出るのは、股関節です。 子宮の収縮とともに、 股関節がぎゅっと締め上げられるような鈍痛で、立っているのが辛くなるほど。 外出から…

nanndemo

人生で1度だけあったベーチェット病患者との出会い

私がベーチェット病だとわかった頃の出来事です。もう5年ほど前でしょうか。ブログを開設していたんです、日々の出来事を綴りながらベーチェット病にも触れて。何気ない出来事と病状を記録していた時、ある女性からコメントをいただくようになりました。「私…

byoumatshi

病院通いに疲れた私……大学病院から転院を決意

ベーチェット病に関わらず、持病がある方は病院通いがとても大変です。特に、小さなお子さんがいる家庭では、長時間待つ大学病院に通院するのはかなりハードルが高いと思います。私もその一人です。娘を妊娠中から数えて7年余り、順天堂大学浦安病院にお世話…

byoushitubedo

持病がある方はご注意を!ウイルス性胃腸炎は深刻

近年、ウイルス性胃腸炎という言葉をよく耳にするようになりました。その原因となるウイルスはさまざま。ですが、やはり怖いのはノロウイルスです。お子さんが学校や保育園などでウイルスを吸い込んで、晩御飯を食べた後に激しい嘔吐をした……そんな経験をお…

主治医変え……言えずに苦悩する必要はなかった!

仕事再開してから気づいた有り難み。私なりの親孝行

30歳になるまでは、自分中心に思うままに仕事に打ち込んできました。その後、結婚・出産・育児・離婚と、私の人生でさまざまな出来事を経験してきました。そして今もなお、育児奮闘中です。離婚を間近にした2015年7月1日に開業届を税務署へ提出。私は…

春の訪れは肌が教えてくれる。乾燥肌が改善する季節

春の訪れは肌が教えてくれる。乾燥肌が改善する季節

掻きむしるほど乾燥していた肌。冬は私にとって地獄でした。手足の冷えは年中起こりますが、乾燥は目に見えてわかるので気にしていました。他人に肌を見せられない。何を思われるだろう。女性なのにスキンケアを怠っている。言葉にしなくても、一目見ただけで…

主治医変え……言えずに苦悩する必要はなかった!

主治医変え…言えずに苦悩する必要はなかった!

ベーチェット病に関わらず、持病をお持ちの方は定期的に通院を余儀なくされますよね。あなたは、主治医とのコミュニケーションはきちんと取れていますか?私なりの考え方ですが、主治医への満足度を患者にリサーチすると、多分ほとんどの方が満足していないと…

gomute

水仕事にはゴム手袋の着用を! 手荒れ予防のコツ

ベーチェット病患者は、皮膚が薄く弱ってしまう傾向があります。特に水仕事が多い主婦は、手荒れに悩んでいませんか? 私もその一人。ぱっくり割れた深いあかぎれ、かさかさな指先、しわしわに乾ききった老婆のような手のひら。手は、他人から見られることが…

さらに記事を表示する

【PR】