ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

TAG妊娠

ベーチェット病は妊娠しにくい? 気になる不妊の悩み

ベーチェット病は妊娠しにくい? 気になる不妊の悩み

病気を持っている方でも、自分の子どもを抱っこしたいという願望はありますよね。赤ちゃんは母親だけではなく、家族全体に幸せをもたらしてくれるものですから、いつかは産みたいと思うことでしょう。晩婚化が進み、出産年齢も上がってきています。加齢ととも…

妊娠を希望する方へ……男女ともに気をつけたいこと

妊娠を希望する方へ…男女ともに気をつけたいこと

ベーチェット病と確定診断されている方も、もしかしたらと思う症状で悩んでいる方も、人生において病気との付き合いはとても難しいことだと思います。人生は、さまざまなイベントの連続です。初潮、結婚、妊娠、出産、閉経、更年期。男性も更年期という症状が…

外陰部潰瘍がある場合は帝王切開にならないの? 

外陰部潰瘍がある場合は帝王切開にならないの?

私は、2人の子どもを出産しました。 最初に長女を出産した際は、外陰部潰瘍の痛みが激しく、 キシロカインゼリーという麻酔ゼリーを使って、 排尿時の痛みなどをコントロールして、妊娠生活を送ったものです。 幸いにも、長男を次に産んだときはすべ…

ベーチェット病でも安心して出産できる病院選びを

ベーチェット病でも安心して出産できる病院選びを

ベーチェット病で妊娠がわかったとき、悩むのが出産する病院選びです。晩婚化が進み、出産年齢も上がってきています。年齢が上がると、胎児の発育や母体にも影響が出てきます。特に優先されるのは、母体の安全です。35歳を過ぎた高齢出産では、持病の有無の…

闘病中に妊娠発覚……投薬影響に戦々恐々とした日々

闘病中に妊娠発覚……投薬影響に戦々恐々とした日々

私はベーチェット病になってから、子どもは娘1人と考えてきました。 徐々に投薬量が増え、 メンタルクリニックでも1番強い抗不安薬を処方されていましたから。 薬の多くは、妊娠には不適切であることがわかっています。 妊娠中または妊娠を…

妊娠中に症状が悪化! 痛みと炎症に耐える妊婦生活

妊娠中に症状が悪化! 痛みと炎症に耐える妊婦生活

いろいろな手を尽くして、ようやく長女を妊娠。妊娠初期はとても経過が良く、妊婦検診の超音波エコーで胎児の様子を見るのが楽しみになっていました。モノクロの写真に写る小さなベビーの姿。どんな顔なのかな? と想像するだけで、胸が踊る気持ちになったも…

排卵誘発剤と黄体ホルモン投与で妊娠率を高める

排卵誘発剤と黄体ホルモン投与で妊娠率を高める

排卵誘発剤の注射と併用して行っていた不妊治療は、黄体ホルモン服用でした。黄体ホルモンはもともと女性の体にあるもの。着床時、及び妊娠初期の高温期維持においても必要なホルモンです。黄体ホルモンが減少すると、妊娠しにくい体になることもあるそうです…

排卵誘発剤

不妊治療は継続。ついに始めた排卵誘発剤!

子宮外妊娠を経て、落ち着いた頃。再び不妊治療を再開しました。一度妊娠したからいらないんじゃないの? って意見もありそうですね。子宮外妊娠のときは本当にたまたま妊娠しただけで、私たち夫婦は早く授かりたいなって思いは持ち続けていました。タイミン…

さらに記事を表示する

【PR】