ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

TAG口内炎

口腔内メンテナンスに通う日々・最高の口内炎防止策

口腔内メンテナンスに通う日々・最高の口内炎防止策

この数ヶ月、口内炎の頻発が続き、 食事もままならず、体重がぐっと減りました。 ベーチェット病の口内炎は、 本当にしみるような痛みで、灼熱感があります。 それとともに特徴的なのは、 最初は小さな点のような口内炎だったのが、 日増しに成長し…

口内炎を早く治す方法はないのか? 早期回復のヒント

口内炎を早く治す方法はないのか?早期回復のヒント

ベーチェット病は口内炎が必須。 小さいのに口全体が痛むほど、 ベーチェット病の口内炎は悩ましいものです。 とはいえ、ベーチェット病には特効薬はないし、 口内炎は対症療法となります。 つまり、炎症のある部分は口腔内軟膏、 痛みには痛み止…

口内炎があるときはキスできない? 気になる結論は? 

口内炎があるときはキスできない?気になる結論は?

恋愛中の方は、パートナーとキスをすることがあると思います。 口内炎があると痛いし、炎症がある部位はしこりのように硬い。 当然のことながら、口内炎は炎症があることを示します。 キスはしても構わないと思いますが、 あまり激しいキスはおすすめ…

口内炎が再び……ちょっと疲れるとすぐ出る憎いヤツ

口内炎が再び…ちょっと疲れるとすぐ出る憎いヤツ

ここのところ寝不足で、就寝時間が日付を回ることもざら。それでも、朝はきっちり起きて、子どもたちを学校や保育園に送り出さなければならないので、どうしても睡眠時間が短くなってしまう。保育園の送迎後に二度寝することもありましたが、やっぱり生活リズ…

ステロイド増量から1ヶ月・体調変化はあったのか?

ステロイド増量から1ヶ月・体調変化はあったのか?

口内炎の出現が激しくなり、食事や会話に支障が出ていました。主治医に何度か訴え、ステロイドを増量することになり、早いもので1ヶ月。調子がいいときは自分で調整するように言われていましたが、この1ヶ月はとりあえず処方通りに服用し、再び受診しました…

ベーチェット病の口腔内アフタの痛みと症状のひどさ

ベーチェット病の口腔内アフタの痛みと症状のひどさ

ベーチェット病増悪時期を迎え、再びステロイドが増量されました。一時期は、1日1mgまで抑えられていたのですが、今は1日4mgに。最もひどかった時期は、1日20mgと多かったこともあったので、それに比べれば大した量ではありません。しかし、口内…

疲労蓄積でダウン・体質改善には漢方薬もおすすめ

疲労蓄積でダウン・体質改善には漢方薬もおすすめ

漢方薬を使ったことがありますか? 漢方薬は、市販でも購入可能です。しかし、処方に当たって重要なのは、 漢方のものさしと呼ばれる「証」に照らし合わせ、 それを基準に漢方薬を選ぶことです。漢方には、専門医もいますし、 街中の漢方薬局の利用もおす…

口内炎と誤診しやすい舌がん・受診すべきは口腔外科

口内炎と誤診しやすい舌がん・受診すべきは口腔外科

ベーチェット病で頻発するアフタ性口内炎。白くて痛いのが特徴です。食事も会話もままならない痛み、苦しいですよね。私も、ちょっと寝不足がちだったり、疲労が溜まっていたりすると、すぐ口内炎に悩まされます。こればかりは、ベーチェット病とうまく付き合…

さらに記事を表示する

【PR】