ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

特定疾患お見舞金制度で医療費をカバーしよう

助成金

特定疾患には、医療費助成制度があります。

これは国の指針に基づいて行われている制度です。
指定医療機関や指定薬局でかかる医療費を一部負担してくれるもの。

それでも大きな負担になる医療費。
毎月病院にかかっている方は、家計がきついと感じることもあるはずです。

例えば、特定疾患に関する医療費が、月に5000円かかっていても、
風邪や予防にかかる医療費は助成制度外ですので、
多い方だと毎月10000円くらい医療費に費やしてしまうこともあるでしょう。

自治体によって異なりますが、
私の住む市では特定疾患お見舞い金制度を導入しています。

以前は月に5000円の支給がありましたが、
今は3000円に引き下げられてしまいました。

それでも、医療費助成制度ではまかないきれない医療費をカバーしてくれる制度です。

こうした社会保障制度は、自分で調べないと手続きできないんです。

特定疾患医療費助成制度は、保健所の管轄。
お見舞金制度は、市役所の難病を取り扱う課が管轄しています。

何かとややこしい助成・社会保障制度ですが、
医療費の負担を考えるときちんと手続きしておくべきです。

自治体のホームページなどで確認してみてください。

関連記事

【PR】