ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

シングルマザーは知っておきたい・児童扶養手当制度

jyoseikin

シングルマザーという選択肢は、
誰もが望んでいた道ではないと思います。

さまざまな理由から、
選ばざるを得なかったというのが正解でしょう。

私もそうです。

今も、週末はみんなで過ごし、
子どもたちは別に暮らす夫に非常になついています。

暮らしていた頃、
私を含めた家族全員がなんら変わりない愛情を持って、
家族の輪と絆を大切にしています。

子どもたちの屈託のない笑顔は、夫にも私にも癒やしです。

平日は私が子育てを担当し、
週末は二人で子育てをしている感じでしょうか。
週末は二人で子育てをしている感じでしょうか。ただし、結婚していたときと明らかに違うのは、
金銭的な問題です。

私の離婚理由は、夫の借金です。
ですから、今も返済しきれない夫はきつきつの毎日。

時には、光熱費を私が負担することもあります。
養育費も満足にもらえていません。

女手一人といえば、聞こえはいいですよね。
でも、現実はそう甘くない。

やっぱり私の収入は多いとはいえないからです。

自営業ならではの悩みですが、私が稼働していない限り、収入が得られない。

つまり、土日を休んでしまったら、
その2日間は収入にはならないのです。

会社員なら、毎月決まった収入が確保され、
週休2日などのメリットがあります。

景気さえ良ければ、
きっとボーナスが出る場合もありますよね。

一度在宅ワークを経験してしまった私は、
もう会社員に戻ることはできません。

自分のペースで、気軽に働ける自由さを知ってしまったからです。

しかしながら、毎月の収入を確保するので精一杯。
削れる部分は、光熱費と食費ぐらい。
削れる部分は、光熱費と食費ぐらい。趣味のドラムを止めればいいじゃん。

でも、そこは、自分のオンオフを保つために必要なんです。
オンオフのスイッチがないと、多分私は頑張れない。

私が利用させてもらっている制度は、
自治体の児童扶養手当です。

収入に応じ、シングルマザーの家庭に支給される給付金です。

子どもの年齢制限はありますから、
いつまでも永遠にもらえるわけではありませんが、
成長するまで受け取ることができます。

私のように自転車操業の事業では、
いつだってパソコンと向き合っていて、
子どもの顔を見ている時間がないこともしょっちゅう。
子どもの顔を見ている時間がないこともしょっちゅう。自分の収入に対する最低ラインはある程度決めています。

毎月これだけは稼ごう。このラインはキープしよう。

でも、行事やイベントが重なると、
時間が削られてしまうこともある。

収入がガタ落ちですよ。

そんなときに手助けとなるのは、
児童扶養手当で収入を補填する方法です。

本来は、子どもの将来に取っておくべきかもしれません。

私の場合は真逆で、普段の生活に充てています。
その分、自分の収入には開業以来、一切手をつけていません。
自分の収入には開業以来、 一切手をつけていません。いつまでそれを持続できるかな。

自分の収入に手をつけたら終わりだな。
と、貯金を切り崩しながら想像することもあります。

児童扶養手当の金額や収入上限は、
各自治体のホームページを参照してください。

受付窓口は、子ども福祉課などがメインとなっています。

あらかじめ、ホームページで調べておき、
申請書などをダウンロードして、
必要書類を準備しておくとスムーズです。

収入を証明する源泉徴収票や、
課税証明書も必要ですから、
提出漏れがないようにしてください。

児童扶養手当の支給にあたり、
私の自治体では民生委員との面談がありました。

現在の状況や離婚理由など、
簡単な面談内容ではあるものの、
民生委員の判断が支給の決め手となります。

面談というと構えてしまいますが、
民生委員は近隣に住む有志の方なので、
身の上話を聞いてもらうような感覚でいいと思います。
身の上話を聞いてもらうような感覚でいいと思います。
実際、私を担当してくれた民生委員さんは、
「子どもを預かって欲しいときは声をかけてね」といってくれました。

民生委員さんも人間ですから、
人によって個性も違うと思いますし、考え方も違うと思います。

でも、母子家庭を上から目線で判断するようなことはありません。

役所の仕事には関わっているけれど、
きちんと人として尊重してくれます。

申請して以来、
民生委員の方とはご連絡していませんが、
そんなに怖い存在じゃないなというのは、私の体験談です。

児童扶養手当は、毎年審査があります。
前年度の収入をチェックし、支給額の見直しが行われます。

その都度、役所へ足を運ぶのは面倒ですが、
不正受給を防止するために取らざるを得ない処置でしょう。

もし、この制度を知らずに生活しているシングルマザー家庭があるなら、
すごく損をしています。

これによって、医療費の負担もあるんですよ。
医療費の負担もあるんですよ。1医療機関あたり、
1000円までを上限として受診することができます。

子どもが小さいうちは医療費がさほどかからないため、
心配ないでしょう。

大人の医療費は、
検査・処置によってはかなりの出費になりますよね。

突如体調に異変を感じて受診した、
順天堂浦安病院の膠原病内科以外で診察してもらうと、
数万円の医療費請求がなされることも少なくありません。

母子家庭の貧困が話題になっていますが、
制度を上手に活用するなら、生活の補填になると思います。

 

関連記事

【PR】