ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

不妊原因は男女均等! 夫も精液検査へ

不妊原因は男女均等! 夫も精液検査へ

卵管造影検査でも目立った異常はなく。
(ものすごく痛かったけど……。)

結局原因がわからないまま、妊娠の兆候も見られなかったんですよね。

不妊原因は女性にあると思われがちなんですが、
実は男女に差はないという統計が出ています。

夫は、当時43歳でした。
決して若いとはいえない年齢。
夫にも検査を受けてもらうようにお願いしました。

男性の場合、シンプルな精液検査。
でも結構いやがる方が多いんですよ。

夫はそういうのに抵抗がない人で、健康診断感覚で行ってくれました。

出張で東京へ出向いた時に、
恵比寿にある不妊専門クリニックで検査を受けました。

精液検査の平均値を書いておきます。

・精子の量 1.5ml以上
・精子濃度 1500万個以上
・運動率 40%いること
・奇形率 正常な精子が全体の4%以上

結果結果は比較的悪くはなかったのですが、平均ぎりぎりでしたね。
夫はなんだか嬉しそうで、自分の結果を楽しんでいましたが……。

夫はなんだか嬉しそうで、自分の結果を楽しんでいましたが……。
今は、男性専門の不妊クリニックがあるんですよ。

昔は敷居が高かった精液検査ですが、
今は周囲の目を気にせず受けられるんです。

インターネットで郵送対応してくれる検査方法まで登場しています。

不妊の原因はさまざまですが、
男性も積極的に検査を受けられるようになれば、
不妊から早く抜け出すことができるのではないでしょうか?

 

関連記事

【PR】