ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

なかなか妊娠しない~不妊治療に挑む~

なかなか妊娠しない~不妊治療に挑む~

30歳で結婚した私。

現在は元夫となりましたが、お相手は14歳年上でした。
結婚後、半年しても妊娠しない。

夫の年齢的な問題もあり、
こうのとりがやってくるのを待っていたらまずいのでは? と、
私たち夫婦は不妊治療に挑むことに。

まだ、この段階ではベーチェット病の疑いに留まり、通院もしていませんでした。

東京都目黒区在住だった私たちは、
タレントさんの出産でも有名な、
「医療法人社団晴晃会 育良クリニック」を受診しました。

有名クリニックということで若干緊張と、
不妊治療の知識もないまま、なんとなく診察室へ。

担当してくれたのは女医。

「急いでます? 」

急ぐ……とは? 

そう聞かれるとなんとなく答えてしまう。

「いえ、別に」

ぶっきらぼうなやりとりでした。

急いでないならタイミング法といって、
生理周期に合わせて性交を行う方法を取り入れるとのこと。

「まぁ、排卵誘発剤って方法もありますけどね」 

不妊治療初心者の私たちはさっぱりわからず、
いわれるままに体温記録表を渡されました。

ここから最初の妊娠まで、実に2年の歳月を費やすことになります。

「急いでます? 」

もっと丁寧に説明してくれたら、
無駄な時間を使わずに済んだのかな……またもや恨み節、いけませんね(笑)

 

関連記事

【PR】