ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

ステロイド服用中は太りやすい? 体重管理の重要性

ステロイド服用中は太りやすい? 体重管理の重要性

ベーチェット病でも、
妊娠・出産は可能だと以前にもお伝えしました。

妊娠で気になるのは、
胎児の発育につれて起こる体重の増加です。

産婦人科でも、今はすごく厳しく管理されます。
それ自体が、ストレスになることもあるでしょう。
ストレスになることもあるでしょう。加えて、妊娠中は薬の投与が制限されますから、
ステロイドだけに絞るという選択を取ることが多いようです。

ステロイドの副作用として、
食欲増進や脂肪がつきやすくなるというものがあります。

妊娠中は、健康な人でさえ食べ過ぎてしまう傾向にありますよね。

ステロイドを飲んでいる人だと、
食べたものが脂肪となって太りやすくなります。

だから、普通の人以上に体重管理には注意が必要です。
普通の人以上に体重管理には注意が必要です。私も肥満傾向になった経験の持ち主。

長男を出産した順天堂浦安病院は、
体重管理が緩やかだったこともあり、ちょっと増えすぎてしまいました。

それでも、12kg増までに抑えたつもりです。

出産の際に産道が狭くなってしまい、
難産になりやすいので、体重管理が必要なんです。

それから、一度増えた体重を落とすのは非常に困難であり、
強い意思を持って努力することが必要なんです。

肥満は、病気の悪化や別の病気発症を誘引するもの。
低脂肪で高タンパク質の食事を心がけてください。

 

関連記事

【PR】