ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

何かと不安がある産後・利用したい宿泊型産後ケア

何かと不安がある産後・利用したい宿泊型産後ケア

ベーチェット病患者の妊娠・出産は、
自分の体調と向き合いながら、慎重に行わなければなりません。

出産は決してゴールではなく、
新たな戦いの始まりでもあるのです。

産後は精神的にも肉体的にも辛く、
眠りたくても赤ちゃんが泣けば休むこともできない。

心の疲れは、やがて病状悪化を招いてしまいます。
心の疲れは、やがて病状悪化を招いてしまいます。
私が長男を出産した順天堂大学浦安病院では、
条件つきですが宿泊型産後ケアをスタートさせました。

出産時の入院中は、持病の有無に関わらず、
夜間は赤ちゃんを預かって休ませてくれるなど、手厚いケアを感じました。

そこに加え、産後60日未満の方はショートステイで体調を整えて、
生活リズムを作ることができるのです。

順天堂浦安病院が設けている条件を記載します。

・浦安市民であること
・出産後60日未満
・医療管理の必要なしと退院許可が出た母子であること
・育児への不安を抱いている
・家族からの支援を受けにくい環境にある

利用期間は7日以内とされていますが、費用がとても安いんです。
利用期間は7日以内とされていますが、費用がとても安いんです。
1日3食がつき、1泊2日6000円(1日追加ごとに3000円)です。
住民税が非課税なら、1泊2日3000円(1日追加ごとに1500円)です。

赤ちゃんのケアに必要なミルク・オムツ・衣類は、病院で準備してもらえます。

このサービスを見たとき、
私の時もあればよかったのに……と思いました。

産後はいきなり社会へ放り出されるような感覚を抱き、
赤ちゃんの世話に戸惑うことも多いでしょう。

加えて、ベーチェット病が増悪しやすい不安定な時期ですから、
こうしたサービスに甘えることは大切だと思います。
赤ちゃんの世話に戸惑うことも多いちなみに、順天堂大学浦安病院の場合インターネットから利用申し込みできます。
(あなたの近くでもないか、探してみてください)

一旦退院したけれど不安でいっぱいという方は、
産後サービスを利用してみてはいかがでしょうか? 

宿泊中に助産師さんや看護師さんとコミュニケーションを図り、
育児や体調への不安解消もできますよ。

女性は母になると、何でも頑張らないと! と意気込んで、
くたくたになってからようやくスタボロの自分に気づくものです。

誰かに助けてもらうのはずるい! 
子育てのできない親。

そんなレッテルを貼られるのではないかと、罪悪感も生まれてきます。
罪悪感も生まれてきますしかし、子育ては周囲の協力やサポートがあって初めて成り立つもの。

身近にあるサービスを上手に利用し、
産後ケアを終えてから頑張る充電期間と捉えてみてください。

無理して頑張るのではなく、
もっと頑張れるように準備しているのだと。

順天堂浦安病院には、膠原病内科も小児科もあります。

もし不安なことがあった場合は、
いつでも相談に乗ってもらえる体制ですので安心ですね。

産後ケアの間に、赤ちゃんと自宅で過ごすイメージトレーニングをし、
母親としての意識を育む期間ともなるでしょう。

 

関連記事

【PR】