ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

子どもの進学に合わせライフスタイルの見直し

minaoshika

春は進学や就職の季節ですね。

私の娘も春から小学生。

どんなところかな、どんなことをやるのかな、たくさんお友達できるかな。
彼女はとっても楽しみにしていました。

小学校って、母親にとっても節目になりますよね。

あの小さかった子どもが自分の足で登校し、
勉強していろいろな経験をしてくる。

すごく感慨深い出来事です。

子どもが進学すると、家族全体のライフスタイルの見直しが必要です。

登校時間が早まるため、
幼稚園時代より早寝するように心がけてあげなければなりません。

今まで9時から17時で息子を保育園に預けていますが、
このままでは眠る時間も遅くなってしまいます。

たまたま私は在宅ワークで仕事をしており
子どもの時間に合わせることが可能です。

娘が小学校へ出かける時間は7時40分頃を予定しています。
幼稚園時代から1時間前倒しで出かけることになります。

子どもにとってすごく大変なことですよね。
幼稚園時代から1時間前倒しで出かけることになります。息子の保育園もその時間に合わせて1時間早め、
7時45分から16時に変更しようと考えています。

幸い、息子の通う保育園は保育時間にフレキシブルで、
早朝6時45分から21時30分まで開園しています。

就労証明書で勤務時間帯変更の旨を申し出れば、
いつでも保育時間を変えることができるんです。

私の就労時間もそれに合わせて変更し、
早寝早起きで健康維持していきたいと思います。

 

関連記事

【PR】