ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

1時間に1回は休憩! 体を動かし血流改善を促そう

1時間に1回は休憩をすること。

デスクワークをしている方は、肩こりや腰痛に悩まされることがありますよね。

私もその1人です。

特に、肩こりから頭痛、腰痛から背部痛。
負のスパイラルです。

デスクワークをしていると、
同じ姿勢を長時間続けてしまいますよね。

私のように在宅ワーカーではない方だと、
ほかの人の目が気になって休憩しずらいってことありませんか?

しかし、デスクワークは注意しないと危険なんですよ。

同じ姿勢を続けて座りっぱなし。
エコノミークラス症候群を発症しやすいんです。

静脈瘤や血流悪化を引き起こしやすくなる。
デスクワークだからって甘く見てはいけないんです。
デスクワークだからって甘く見てはいけないんです。立ち仕事も同様で、同じポーズで立ち続ける方は要注意。

私が取り入れているのは、1時間に1回は休憩をすること。
立ち上がって軽くストレッチ・屈伸・肩回しなどを行っています。

私の悪い癖なんですが、デスクワーク中はあぐらをかいてしまうんです。
お行儀悪いですよね、椅子の上で。

楽なポーズでも、座り癖ってあるんです。

自然と楽な方に偏って座っている。

これが意外なことに、腰痛の原因になっていたり、
背骨・骨盤の歪みにつながったりするんです。

血流が滞ると冷えも起こりやすくなります。

リフレッシュも兼ねて、ぜひ1時間に1回は休憩を取り入れてみてください。
集中力の持続にも効果的ですよ。

 

関連記事

【PR】