ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

在宅ワークは楽…だけどオンオフが難しいのが悩み

在宅ワークは楽…だけどオンオフが難しいのが悩み

私は在宅でライターワークをしています。
独身時代に手がけていた仕事を再開したのが、2015年7月のこと。

それから8ヶ月。
ようやく自分で時間調整し、仕事のペース配分ができるようになってきました。

「在宅ワークって良いよね」

決まって、周囲はそう言います。

でも、在宅ワークならではの悩みだってあるんです。
それは、オンオフの切り替えが難しいこと。

まだ2才の息子は、現在保育園に在園しています。
もちろん、就労を目的に預けています。

そのため、就労していない時間は預けることができないルール。

在宅ワークは、自分の采配ですべてを行っているため、
就労しているかどうかは私の発言だけが頼り。

でも、私って根がすごく真面目なんです。

8時35分に息子を保育園へ、そのまま8時50分に娘を幼稚園へ送ります。
9時に自宅へ戻り、そのまま業務開始。

そして、水曜日は11時30分に、それ以外の日は14時に娘のお迎えです。
お迎えを終えたら、すぐにまた業務再開。

私が書いている就労証明書には、9時から24時まで就労。

休憩は3時間としてあります。

この休憩時間とは、子どものお迎え・食事・お風呂が含まれています。
つまり、実質休んでいない状態。

在宅ワークなんだからもっとのんびりやればいいのに。
そう思う方もいますよね。

でも、私は一家の大黒柱。
やっぱり、ルールは守りたいんですよね。

オンオフが難しい在宅ワークですが、
私の場合やればやるほど稼げるため、やっぱりサボる気持ちはありません。

唯一、私が自分の時間としているのは、ドラムを習いに行くときだけ。
唯一、私が自分の時間としているのは、ドラムを習いに行くときだけ。

人は楽しみを持って生きることは許されるはず。
自分にそんな言い訳をつけて、ドラム教室だけは通っています。

難しいですね、在宅ワークって(笑)

 

関連記事

【PR】