ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

できないことは主張する・無理に抱え込まないが大事

できないことは主張する・無理に抱え込まないが大事

何度も言うようですが、
私は文章を書くことを生業としています。

たくさんの案件を請け負う中で、
どうしても無理! というキーワードが振られることがあります。

学生時代から理科系・数学系にものすごく弱く、
平均点をかなり下回る成績だった経験もあるほど。

苦手を超えて、鳥肌が立つほど、嫌いです。
私が仕事をしながらいつも意識しているのは、仕事の効率化です。

同じ文章を書くにしても、苦手分野だと? の連続です。
苦手分野だと? の連続です。時間はかかるし、
とんちんかんな調査ばかりになってしまう。

無理を押して、
クライアントの意向を推し進めるか、サジを投げるか。
この2択を迫られるわけです。

開業当初は、頑張ってこなしていました。

私が携わってきた中で、
企業側も幾度も改定を行ってきました。

最初の契約事項とまったく違う。報酬も変更される。

改定に従って、私なりに順応してきたわけです。

より精度が高く、
どこよりも詳しい文章が求められるようになってきて、
苦手分野であろうと、あやふやな内容では許されなくなっています。
あやふやな内容では許されなくなっています。仕事の効率化とともに、
できないことはきちんと主張する。

これを意識するようになりました。

理科系・数学系のキーワードがやってきたときは、
嫌な効果音が聞こえそうな気持ちになります。

今後もこの戦いは続きますが、
やはり無理に抱え込むのはお互いのためにならない。

これを優先してやって行こうと思います。

関連記事

【PR】