ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

今後ニーズが高まる仕事とは? 40歳でも使える資格

今後ニーズが高まる仕事とは

私は現在40歳。
人生80年とし、ちょうど真ん中です。

もう半分、いえまだ半分。

人生の節目で、
結婚・妊娠・出産・育児・離婚とさまざまなことに遭遇し、
そして今自分なりに仕事ができていることに、非常に感謝しています。

自宅で仕事をして食べていけるって、
本当にありがたいこと。
自宅で仕事をして食べていけるって、 本当にありがたい同級生の中には、まだ専業主婦の方も多いのです。

私も離婚をしていなかったら、
きっと今頃何もなかったんだろうなって思います。

人生の残り半分を充実してやりきったと、
死に際に語れるよう努力していきたいと日々思っています。

私と同じ世代の方にぜひ考えてもらいたいことがあります。

これからお子さんが手を離れ、いざ仕事をしようと考えた時、
40歳という年齢はとてもハードルが高いということを。

求人の多くは年齢を記載しなくなりました。
それは、労働基準法に反するからです。
求人の多くは年齢を記載しなくなりました。
未経験OK、資格なしでも大丈夫。
そんな求人を数多く見かけませんか? 

でも実際に応募してみると、現実は違う。

やはり、どんな職場でも経験者と有資格者は優遇される。
実務ができる人を望むのは当たり前のことです。

そこで、いざ資格を取って仕事をしようとなるでしょう。

いろいろな資格がある中で、
今後高まってくるであろう資格は介護分野です。

超高齢化社会になり、
介護を必要とする人の数が増えている。

しかしながら、その介護を担う人の数は足りていません。

介護を担う人の数は足りていません。介護は決して簡単な仕事ではありませんが、
あなたのご両親に何かがあった時も役立つ資格です。

仕事のためだけではなく、
私生活にも生かすことができる資格です。

専業主婦での経験も生かすことができるでしょう。

人生の再スタートを切るために資格を取るなら、
採用枠の広い介護分野がおすすめかな? と、思います。

関連記事

【PR】