ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

在宅で確実に収入を得るコツは?

在宅で確実に収入を得るコツは?

クラウドソーシングサイトが台頭し、
在宅でもちょっとしたお小遣い稼ぎをしたいと考える人が増えてきました。

※詳細はコチラにも書いてあります。

私も、クラウドソーシングサイトを利用して、
現在の仕事を得るきっかけとなっています。

実際、在宅ワークだけで食べていけている人は、
多いとは言えないのが実情です。

なぜなら、在宅で収入を得るにはいくつかの方法が必要だからです。
コツとも言うべきでしょうか。

 💡 クライアントを見極める
 💡 自分の作業時間と対価を客観的に見る
 💡 レスポンスの早さを意識する
 💡 自分ができると思うな

私なりの経営理念です。
私なりの経営理念です。私の場合、子どもが小さいことと、
ベーチェット病を患っているため通院の都合などを調整したい。

この2つの理由から、在宅ワークの道を選んでいます。

しかしながら、
在宅ワークはいわゆる自営業であり、管理者がいないのです。

そのため、報酬を決めるのも自分、
自分の売り上げを左右するのも自分自身という現象が生じます。

自分の売り上げを左右するのも自分自身
まず、1点目のクライアントの見極め。

これは、1 番目におきましたが、
いくつか仕事をしていく中で、自分なりの単価が見えてきます。

私なら、報酬と文字数を照らし合わせ、1文字単価が見えてくるという仕組み。

この会社は報酬が低いけれど、やりがいがあってやりやすい。
あの会社は報酬が高いけれど、ある一定のレベルを求められる。

こうした図式を頭の中で描き、
自分のレベルの上下を埋められるよう、
複数の企業との取引をすることをおすすめします。

手空きな時にできる案件と、
じっくり時間を費やす案件の両方を持ち合わせることで、
無駄な時間や何もしない時間を作らないことができるのです。

高校や大学受験と同じように、
自分の能力に合う会社を縦の図式で持っておくこと。
まず、1点目のクライアントの見極め。そして、2番目の自分の作業時間と対価を客観的に見る。

これは、内職している友人を見ていて思ったことです。

報酬がいくら高くても、1日8時間かかり、
数日かけて1本の仕事を終えるようでは意味がありません。

友人は、3000円の手編みのバッグを、
数日かけて仕上げて数点売れたのみ。

では、仕入れを差し引いて、時間で収入を割り出すと利益と呼べるものか? 

外に働きに出ればすぐにわかることですが、
世の中には時給というものが存在します。

在宅ワークでは、
1本に対しての成果報酬であることが一般的です。

つまり、その1本をいかに効率良く仕上げるかで、
自分の時給が決まるわけです。

自分に甘んじて、時間を無駄にしていませんか? 
在宅でやると決めたなら、まずは自分の速度を上げること。
自分の作業時間と対価を客観的に見る。しかしながら、早さを先に重視してしまうと、
内容が粗雑になってしまいます。

安定した収入を得るまで、
1年間は修業だと思い、コツコツ実力を育てなければなりません。

やればやるだけ自分の血となり、肉となる。
それがライターという稼業の魅力です。
ライターという稼業の魅力です。得た知識は、人生にとってすべてが糧になりますから。

私の習慣は、見知らぬ言葉やふとした疑問は、
その場ですぐインターネット検索や辞書で調べることです。

こうして何気ない仕草を繰り返し、
予備知識を蓄えていく努力をしています。

そして、3番目のレスポンスの早さを意識する。

これは読んで字のごとく、
返信が早い人は収入も上がるという法則があるからです。

パソコンだけしか見られないメールを仕事に使っている方は、
スマートフォンでも同時に受信できるよう設定してみてください。

私は出先であろうと、必ずレスポンスはすぐにしています。
私は出先であろうと、必ずレスポンスはすぐにしています。企業が依頼しようと思うのは、上手な人より無理がきく人。

急ぎでもこの人なら対応してもらえる。
時間がないからあの人にちょっと声かけしてみようか。

そう思ってもらえたら、収入が上がっていくはずです。

仕事という種をより多く撒いてもらえるのは、
レスポンスの早さが決め手となるでしょう。

依頼メールがあってから数日後に返信、
夜遅いから明日でいいやと考えているなら、在宅ワークは諦めるべきです。

メールの返信は早く、その次は自分の腕を磨いてより良いものを仕上げる。
これを大切にしてください。
これを大切にしてください。そして、最後の自分ができると思うな。

これは私にとって座右の銘です。

いくら磨きをかけたものでも、
できて当たり前と思っていたら、思わぬ恥をかきます。

自分の評価は人が決めるもの。

常に謙虚であり、
依頼していただけることに感謝を忘れてはいけません。

クラウドソーシングサイトでは、
いろいろな業種とつながることができます。

便利な反面、トラブルも多いのが現状です。

こんなはずじゃなかったと思う人もいるようですが、
やはりビジネスをきちんとつないでいくためには、
自分なりに知識を備えて準備しておくことが大切です。

在宅ワークは軌道に乗ればとても楽です。
自分ができると思うな。しかし、需要が増えれば競争相手も増えます。

その競争相手が見えず、マイペースになりがちな人は、
今一度気持ちを引き締めて取り組んでみてください。

頑張っていれば、きっと良縁に恵まれますよ。

関連記事

【PR】