ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

働き方を選ぶ時代・不況でも体調を優先した仕事を

働き方を選ぶ時代……不況でも体調を優先した仕事を

私は在宅ワークでライターをしています。
※詳細はコチラにも書いてあります。

ベーチェット病患者の中には、
パートタイマーや正規社員として働いている方もたくさんいます。

EXILEのMATSUさんも、
外陰部潰瘍やぶどう膜炎などを患っているにもかかわらず、
激しいダンスをやってのけていましたよね。

私は自分で在宅ワークをするという選択をすることができましたが、
誰しもそのような道を選べるわけではありません。

自分のペースだとどうしてもゆっくり仕事をしてしまい、
結局収入に結びつかないという人もいるのも現実です。

では、外へ働きに出るなら、
どのようなポイントに注意しておくといいのでしょうか? 
私は自分で在宅ワークをするという選択をすることができました今は不況で、正規雇用なども少ない時代です。
しかし、働き方を選ぶというのは、とても大切なことです。

ベーチェット病で注意しておくべきなのは、
疲労を溜めない・長時間勤務を避ける・睡眠時間を確保する。

特に、睡眠時間と休日を設けることは重要です。
収入を得るために、無理なスケジュールを組んだりしていませんか? 

仕事を詰め込んだり、
複数のアルバイトを重ねていたりしていませんか? 

病気とうまく付き合いながらきちんと収入を得るためには、
自分の健康管理とともに、
スケジュール管理も行わなければなりません。
スケジュール管理も行わなければなりません。
お子さんの送迎を駆け足でしなければならない。
ゆっくり横になる時間すら持てない。
家族との会話を楽しむゆとりがない。

そんな詰め込み過ぎる勤務状況は避けるべきです。

それから、通勤時間もきちんと考えなければなりません。

通勤時間は、電車に乗る時間だけではなく、
自宅から勤務先までのドアツードアで考えることが大切です。

満員電車での通勤も、かなり体の負担になります。
勤務内容も、体調に合わせて選ぶべきです。

好きを仕事にするのも楽しいことですが、
長期間続けることができるかも考えて選んでください。
長期間続けることができるかも考えて選んでください。職場選びをする際は、インターネットで評価を見たり、
実際に足を運んでみたりするといいでしょう。

自宅近く、生活圏内で探し、
無理のない仕事から始める方法もおすすめです。

重たいものを持ち上げるような仕事は、
関節炎などの症状を引き起こす恐れがあります。

派遣会社に登録して仕事を探す方法もいいでしょう。
派遣会社に登録して仕事を探す方法もいいでしょう。体調・家庭環境・通勤可能範囲などを伝え、
希望する職業とマッチングすると連絡がもらえます。

新聞に挟まっている求人広告だけでは、
職探しって限界がありますよね。

派遣会社は一般的な求人より時給も高い傾向があります。

特殊スキルがある、操作可能なアプリケーションが豊富など、
自慢できるものが1つでもあるとより可能性は高まります。

仕事探しの参考にしてみてください。

関連記事

【PR】