ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

親しい人と観て!ベーチェット病の知識を深める映画「解夏」

真っ白になる

ベーチェット病をテーマにした映画があるのをご存じですか?
2004年に公開された映画「解夏」です。

原作は、さだまさし著書の同名書籍(2002年幻冬社より刊行)。

製作はフジテレビ、東宝、電通。

さだまさしさんが、なぜベーチェット病にスポットを当てたかは不明です。
「精霊流し」や「眉山」の方が、さだまさしさんの小説は有名ですよね。
どちらもNHKでドラマ化されていますので。

「解夏」の主演は大沢たかおで、
ベーチェット病に体を蝕まれていく高野隆之を演じています。

ヒロインは石田ゆり子で、懸命に隆之を支え見守る様子が、
健気で素晴らしい熱演でした。

この作品で大沢たかおさんは、日本アカデミー賞主演男優賞を受賞しているんですよ。


解夏では、主症状の1つである眼病変に注目し、
次第に視力が失われていく様子を、細かな描写で追っています。

私はこの映画を観て、初めて知ったことがあります。

「視力が失われると、真っ暗闇になるんじゃない。真っ白な世界に変わるんだ」。ということ。

なんだかほっとした気持ちになりました。

視界が乳白色に変化していくなんて、まだ希望を感じられました。

ちなみに、同年フジテレビで「愛し君へ」のタイトルで連続ドラマ化されています。
藤木直人演じるカメラマンが、眼病変に侵されていく物語です。

私は、独身時代だった20代に、主人公と同じくカメラマンをしていたので、
ものすごく気になって観ていました。

私はまだ観ていないのですが、
2014年には「サクラサク」として再び映画化されたようです。

親しい人たちと一緒に、
ぜひベーチェット病への理解を深めるためにご覧くださいね。

病気になってしまったと悲観している方にこそ、観てもらいたい物語です。

関連記事

【PR】