ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

歯間ブラシの重要性・食べカスを除去して口内炎防止

歯間ブラシの重要性・食べカスを除去して口内炎防止

あなたは、デンタルケアはどのようにされていますか? 

私の子ども達は、歯間が詰まっていて、
永久歯が生える隙間がありません。

ちょうど生え変わり期を迎えた長女は、
すでに下前歯ががちゃがちゃ。

矯正治療をするかどうかは、費用の問題もあって考え中です。

そうした歯並びの悪い歯は、
どうやっても歯ブラシだけのケアでは不十分なんです。

そこで、私は歯間ブラシを始めました。

子ども達に試したところ、
歯ブラシ後にも関わらず、出るわ出るわ食べカスの山。

私自身、口内炎が頻発する経験を持っている1人として、
デンタルIQは高い方だと自負しています。

大人でも実践してほしい歯間ブラシ。
大人でも実践してほしい歯間ブラシ。ドラッグストアでは、
デンタルフロスなどの名称で販売されています。

おすすめは、Y字形状のもの。
奥歯まで届きやすく、掻き出しやすい形状です。

大人用でも、子どもにも使えますよと歯科医師からも助言してもらいました。

口腔内が汚いと、口内炎の頻度も上がってきます。

そして、口腔内の細菌が全身へ回って、
ベーチェット病を増悪してしまうという負のスパイラルが起こります。

歯ブラシにプラスアルファするだけですので、
ぜひ試してみてください。

関連記事

【PR】