ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

小学校へ入学した娘。飛躍の6年となりますように

saharulr

この4月から、ついに待ちに待った娘の小学校入学を迎えました。

小学校ってお迎えがないせいか、
見えない部分がとても多いんですね。

連絡帳と娘からの報告、
おおまかな説明がかかれた書類だけが頼りで、
小学校はこんなに遠い存在だったのかなって感じます。

娘が急に大人びて見えるようになりました。

幼稚園より1時間以上早く家を出ることになった娘。

最初は眠くて仕方ないのでは? と心配しましたが、
子どもは順応性が高い。

大人なら疲れてしまうだろうということでも、
楽しさへ変える力を持っています。

程よい緊張感と期待を胸に、毎日出かけていきます。
程よい緊張感と期待を胸に、毎日出かけていきます。そして、喜びに満ちた表情で帰宅する姿は、頼もしい限りです。

ついこの間までイヤイヤ泣いていた幼い頃が、
今では立派な社会の一員です。

小学校入学は、育児で一区切りしたことを表すもの。
これまで成長記録を残してきた母子手帳からの卒業です。

長いような短いような。

この6年間で子どもは大きく姿も変わり、急速に成長してきました。

同じ6年間でも成長ぶりが違うんだろうな……と嬉しい反面、
手を離れていく寂しさもあります。

こうして親も親になっていくんだなって思います。
1つ1つ階段を登るように。

私の病気や娘のケガなど、衝撃的な出来事もたくさんありました。

でも、なにもない人生なんて味気ない。
振り返ってみれば、すべてが自分の糧になる。

これから楽しいことも辛いことも経験する娘にとって、
飛躍の6年間になりますように。

関連記事

【PR】