ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

育児の悩みは尽きない~娘が弟を泣かすことについて

今、育児での最も悩んでいることです。

息子は2歳8ヶ月になりましたが、まだ簡単な単語が出る程度。

電車、ブーブー、ちっち、パパ、いいこなど。
単語数も少なく、まだ会話は成立しません。

意思表示をするようになったので、
長い文章で何かを伝えて持ってきてとお願いすると、
きちんと理解して運んできてくれます。

そんな成長中の息子と娘のいざこざが最近ひどいんです。

娘は弟の言う言葉がわかるらしく?

「ばかって言った!」

「お姉ちゃんは家から出ていけって言う!」

やれやれ。

「そんなこというわけないでしょ」となだめても、
火がついたように怒り狂う娘。

確かに自己主張も出てきて、時々お姉ちゃんに反撃することもあります。

ゆっくり話せるお風呂タイムに、娘と目を合わせて話しました。

「たっくん(弟)はまだおしゃべり上手じゃないから、
手がでちゃうこともあるんだよ。
でもね、やられたとか言われたからって、
たっくんにやり返していいっていう理由にはならないよね?」

「お友達がのんにちょっかい出してきたら、
その子をいじめていいってことじゃないでしょ?」

「同じことされたら、きっとのんも嫌な気持ちで泣いちゃうよね」

「きっと大人になったときに、ママがもういなくなってしまっていたら、
本当にのんの味方になってくれるのは、たっくんだけなんだよ」

娘は一旦、私の言葉を飲み込みましたが、4歳の歳の差バトルは当面続きそうです。

今、育児での最も悩んでいることです^^;

 

関連記事

【PR】