ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

80ccを2時間かけて飲む娘…私はいつ休めばいいの?

80ccを2時間かけて飲む娘……私はいつ休めばいいの?

出産を終えて自宅に戻った後、本格的な自宅育児難民生活が始まりました。

夜は夫が助けてくれる部分もあるけれど、日中と深夜は孤軍奮闘。
何より辛かったのは、哺乳力が弱い長女の授乳時間。

どうして専門家に相談しなかったのかなって、今は思います。

赤ちゃんにとって、80ccのミルクは決して多い量ではありません。
ごく一般的な量です。

たくさん飲む赤ちゃんは、200cc飲み干す子もいるんですよ。

娘は80ccを2時間かけて飲みました。
2時間ずっと哺乳瓶を持ち続けている私。

そのうち、眠たくなってしまうんです、お互いに。
そのうち、眠たくなってしまうんです、お互いに。

通常、授乳は2時間おきに行うもの。

友人に聞いたら、80ccなら10分程度で飲み終えてしまうとの返答でした。

私の母は今でも私にこう言います。
「いつもミルクを飲め! 飲め!って言ってたよね」

そうだったな……でも、辛かったな。
情けなさと娘への申し訳なさで胸いっぱいに。

自分なりに哺乳瓶の種類を変えたり、
ミルクを良いものにしたり、いろいろな方法を試しました。

でも、解決できる方法は見つかりませんでした。

ミルクをストローで飲むようになり、
あっという間に飲み干せるようになって驚かされたものです。

どう考えても時間を費やし過ぎていた授乳。
専門家に相談すれば、もっと良い方法を模索できていたのかもしれません。

ちなみに、娘は今でも食事はのんびり。

今は個性なのかなって思うようにしています。

関連記事

【PR】