ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

養育費がもらえない・1年待ってようやく動き出した

養育費がもらえない・1年待ってようやく動き出した

シングルマザー生活も2年を迎えようとしています。

早かったような、
長かったような。

いろいろな出来事がありました。

母としてどんどん私は強くなるし、
娘の反抗やわがままと何度対峙してきたか。

私も自分なりに仕事に取り組み、
軌道に乗って順調な日々もあれば、
大波が押し寄せてうまく収入につながらない日もある。

ただひたすら自分のことを頑張って、
自分しか見ていなかった私が、
ふと思ったことが1つ。

振り返ってみたら、
養育費が1年も振り込まれていない。

「なぜそんなこと気づかないの?」 
そうですよね。

だって、週末は一緒にいたし、
買い物なんかも元夫にお世話になっていたから、
なんとなくそれで支払ったことになってしまっていたんですもの。

幸いにも、
私には私のことを親身に思ってくれている人がたくさんいて、
「それって違うよ! 子どものためになっていないんだよ」
そう助言してくれるんです。

助言してくれる

いろいろアドバイスを受けて、私の価値観もどんどん変化して、
じゃあ、元夫の借金は今どうなっているのだろう? 
払えない理由はなんだろう? 
どうやって食べていっているのだろう? 
子どもに買ってやっているおもちゃの代金は支払えているの? 
連休に高級ホテルに泊まりで遊びに行く費用はどこにあるの? 

素朴な疑問がどんどん大きく成長し、
どろんとした濁流に変わってきました。

ここらで私は動き出さなければいけないだろう。

そう決意しました。

元夫に連絡して、
養育費をきっちり払ってと申し出ました。

元夫はもともと借金体質で、
ギャンブルをしている人となんら変わりない。

ギャンブルにはまる人は、
借金してでもギャンブルしようとする。

その借金はギャンブルで返そうとする。

そもそも常識ある人間と思想が違う、
思考回路が狂っている。

では、そんな人をどうやって説得するのか、
私も考えあぐねて、人に相談してみて、こう伝えました。
人に相談してみて、 こう伝えました

子どもたちに残す財産もないのに、
養育費も払わないのは虐待と同じだよ。

元夫は何度も税理士から自己破産を勧められているようで、
こっそり税理士から状況を聞き出しました。

今、過去最大の窮地に立たされているというのが、
元夫の述べる言い訳。

そして、みんなの幸せを願って、
今どうにかしようと思っているんだと。

どうにかしようではなく、
今考えているうちにバイトでもすればいい。

家でごろごろしている時間があるなら、
なぜその間を埋めようとしない。

私にはわからないことずくめ。

でも、言い訳も理想も聞き飽きました。
私にはわからないことずくめ。

起業して3年、結果が出ていないのだから、
潔く撤退する方向へ導き出す方が正解だと思う。

最後の頼みの綱かなと思っていたのは、
元夫が将来継承するであろう、元夫の実家の遺産。

それを継承したら、
子どもたちを優先して支払ってくれるだろうと、
甘い期待を抱いていたのです。

ところが、税理士から聞いた話では、
実家から1000万円ほどの借金をしているとのこと。

あ~これはもう終わりだ。

相続すべき分、
下手したら元夫の姉の相続分まで借金してしまったのでは? 
そうなったら、あの一家はえらい騒ぎになるでしょう。

元夫の実家はとても甘い。

そりゃ、私も自分の子どもはかわいい。

けれど、可愛がるのと甘いのは違って、
甘やかし方がおかしい。

簡単にお金を出してしまう。
簡単にお金を出してしまう

結婚当初からそうだった。

出産をきっかけに、
子どもの誕生日、
初節句、
入園や入学、
節目節目に大金を送ってくる。

いつしかそれに私も順応してしまっていたのもいけないけれど、
返すと余計に怒りを買ってしまう。

一方、私の実家は正反対で、
子どもたちに手づくりの服やお菓子を現物支給していました。

お金を包んできたことはありません。

育った家庭環境というのは、
人間の金銭感覚にも大きな影響を与え、
時に暗い影となるのだなと痛感しました。

だから、
私の子どもたちはお金をかけずに遊ぶ方法をあまり知らない。

がちゃがちゃや小さなものでも、
出かければ必ずせがんで泣き喚く。

私はそれに屈することなく過ごしていますが、
やがて買ってもらえないと、
「ママだとつまらない」と言うようになりました。
私はそれに屈することなく過ごしています

これではいけない。

バンド仲間で親身に相談に乗ってくれているギターさんが、
子どもたちを遊びに連れ出し、
お金をかけなくても楽しいことがいっぱいあると教えてあげる、
そう言ってくれました。

だから今度みんなで出かけます。

彼の出したプランは、
千葉県船橋市にあるアンデルセン公園。

入場料も安いし、
広くていろいろなものがある。

乗り物もあるけれど、
1回だけだよと諭して乗せてあげると言っていました。

私も子どものなだめ方を知らないし、
彼は小学校6年生と中学2年生の子どもを持つ父。

育児をさんざん経験してきて、
大変さや乗り越える術も知っている。

私も勉強のつもりで行こうと思います。

そして、帰りに外食ではなくて、
お家でごはんを食べること。

これもルールだって語っていました。

そうなんだ、今までは間違っていたんだなって、
他の家庭を見るとびっくりすることがたくさん。

無知なまま母になり、
当たり前だと思っていたことがおかしかった。

借金も当たり前になっていたのかもしれない。

でも、今後は厳しく、
子どもたちのために養育費を出してもらうよう、
積極的に働きかけていこうと思います。

 

 

関連記事

【PR】