ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

B型肝炎ワクチンが定期接種に。乳児は必ず受けよう

B型肝炎ワクチンが定期接種に。乳児は必ず受けよう

乳幼児の予防接種は、
すごく忙しいですよね。

私も経験しています。

母子手帳とスケジュール表を見比べながら、
接種漏れがないか不安でした。

ロタウイルスや水疱瘡といった、
乳幼児がかかりやすい危険な病気に限り、
自己負担で接種しなければならなかったものが、
どんどん定期接種という公費負担に切り替わり出しました。

2人目になって、
1回14,000円のロタウイルスを2回接種しました。

すごい出費に、戸惑いを覚えました。

でも、病気はやっぱり怖い。

自分もかかるかもしれないと思い、
そのリスクを重く見て、接種を決めたものです。
1回14,000円のロタウイルスを2回接種私は25歳で水疱瘡にかかり、入院しました。
会社に復帰するまで、1か月もかかったんです。

社会人になってからだったので、
顔にできた水疱瘡の痕が恥ずかしくて、
とても嫌で。

そうした経験を踏まえ、
今回は新たに定期接種に加わった
「B型肝炎ウイルス」についてご紹介します。

B型肝炎と乳幼児って、
あまり関連がないように感じませんか? 

肝炎って、
お酒を飲んでいる人がかかる病気じゃないの? 

しかし、実は違うんです。
しかし、実は違うんです。肝炎は、A型・B型・C型と種類があります。

なぜ、
B型肝炎だけが定期接種の対象となったのかも、
きっとご理解いただけると思います。

2016年10月から、公費負担で受けられるようになりました。

ただし、公費で受けるためには条件があり、
知っておかなければ損をします。

まずは、B型肝炎の基礎知識からスタートしましょう。

《B型肝炎の感染ルート》
・    ウイルスキャリアからの血液感染
・    妊娠中の母子感染

感染ルートだけを見ても、
赤ちゃんと深い関連があるのがわかりますよね。

3つの肝炎の中で、唯一母子感染する病気です。

垂直感染と呼ばれる現象です。

B型肝炎ウイルスに感染していることを知るには、
妊娠中に血液検査をする必要があります。

HBs抗原が陽性となった場合はウイルスキャリアとなり、
医師の判断で出産直後の最初の予防接種が行われます。
医師の判断で出産直後の最初の予防接種が行われます。

《予防接種のスケジュール》
・    母子感染の場合
生まれて12時間以内に1回目、
2回目は生後1か月、3回は生後6か月

・    母子感染ではない場合
生後2か月から受けられます。
3回目まで間隔を空けて受けます。

ただでさえ忙しい予防接種に、
新たにB型肝炎が加わって、
パニックになる場合もあるでしょう。

しかし、ここで時期を逃してはいけません。

公費対象となるのは、0歳児に限定されます。

最初の1回目が遅れ、
3回目が1歳以降になってしまったら、自己負担です。

自己負担ならもういいやって思いませんか? 
それが落とし穴です。

B型肝炎ウイルスに抗体を作り出すためには、
3回は必ず打たなければなりません。

そのためにも、
なるべく早い時期から定期接種を受けるようにしましょう。

3回定期接種を受け、
抗体が十分にできていないお子さんは、
4回目の追加接種を行います。
医師の判断で出産直後の最初の予防接種が行われます。
ちなみに、自己負担になる場合は、
各自治体で助成制度を設けているかを調べましょう。

通常は、
自己負担なら6,000~8,000円というのが一般的です。

ところで、
B型肝炎って何が怖いの? と、思う方が多いはずです。

肝臓は、症状が出にくい部位だといわれています。

何らかの異常があったとしても、
自分で認識できる頃には重症という事態も、
決して珍しくないんです。

B型肝炎の怖いところは、症状が進行していき、
肝硬変や肝臓がんになる可能性が高いことです。

国の特定疾患でも重要視されている、
劇症肝炎に発展することも指摘されています。

命の危険性があるからこそ、
定期接種へと切り替わったと捉えておいてください。

B型肝炎ウイルスワクチンが定期接種になったのは、
2016年10月です。

しかし、日本は先進国の中でも遅い国でした。
しかし、日本は先進国の中でも遅い国でした。というのも、
世界保健機関(WHO)がすでに指針を発表していますが、
「 B型肝炎ウイルス母子感染予防のための新しい指針」を元に、
世界にB型肝炎ウイルスワクチンの定期接種を広めよう
という動きがあるからです。

ワクチンは副作用が心配という声も、
少なからずあります。

B型肝炎ウイルスワクチンの副作用は、
ほとんどといっていいほど、出ていません。

打った場所が少し赤くなるという程度で、
多くのお子さんは副作用が出ずに過ごせています。

忙しい予防接種のどこに、
B型肝炎ウイルスワクチンを加えればいいの? 

大丈夫です。B型肝炎ウイルスワクチンを加えればいいの? 4種混合ワクチンと一緒に打つこともできますし、
ロタウイルス・ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンとも併用できます。

きちんとスケジュール管理できるよう、
小児科でも配慮されています。

予防接種カレンダーを受け取る場合が多いと思いますが、
B型肝炎ウイルスワクチンも記載されています。

病院ごとに、声かけしていることもあるので
公費になったことだけでも覚えておくと安心ですよ。

今まで自己負担だからと諦めていた0歳児のママ、
ぜひ時期を逃さずに定期接種を受けてくださいね。

大切な赤ちゃんを生涯に渡って守るために、
そして重篤な病気に陥らないために、
このワクチンはあるのですから。

小児科にはB型肝炎ウイルスについての啓発メモや、
パンフレットも用意されています。

ぜひご一読ください。

 

関連記事

【PR】