ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

これで育児が楽になるかも? 液体ミルク論争が熱い

jyubyus

ニュースでも報道された「液体ミルク」を覚えていますか? 

今日本で育児用ミルクといえば、
粉末かキューブタイプですよね。

私は、2人目は母乳で楽でした。

でも、1人目の育児は、
母乳の出も今ひとつでしたし、何より娘には手がかかりました。

どんな哺乳瓶を使ってもだめ、母乳も気に入らない。
本当にへとへとでした。

泣いている間にミルクを作るのも大変。
お湯を沸かして、ミルクを溶かして、適温に下げる。

5分くらいはかかるでしょうし、
泣いている我が子の声を聞いていると、もっと長く感じてしまう。
ニュースでも報道された「液体ミルク」を覚えていますか?そこで、今は個人輸入になっている液体ミルクが、
大変素晴らしいなと思ったんです。

私の姉はオーストラリア在住で、
乳児期から子どもを保育園に預けていました。

預ける際、液体ミルクを数本渡していたそうです。

最初聞いた時は、
粉ミルクを溶かしたものを渡していたのだと、
誤った認識をしていたので、
作ったらすぐに飲まないといけないのにと思いました。

よくよく考えると、
液体ミルクはもう17~18年近く前から、海外で使われていたんです。
海外で使われていたんです。日本では食品衛生の観点から、
まだ認可が下りていません。

これが日本でも流通するようになれば、
きっと世の中のお母さんはすごく楽になると思います。

お湯を持ち歩く必要がないのですから。

 

関連記事

【PR】