ベーチェット病を治療しながら妊娠・出産・離婚も経験し、 育児・仕事もおこなうシングルマザーの奮闘記。 心豊かにベーチェット病と付き合うスローライフをご紹介!

menu

ベーチェット病と生きるシングルマザーのスローライフ

子どもにも生活習慣病予備軍が多発・食生活の見直し

子どもにも生活習慣病予備軍が多発・食生活の見直し

生活習慣病と聞くと、
やはり成人病というイメージが強いですよね。

確かに、発症年齢は中高年になってからでしょう。

しかし、子どもの生活習慣病予備軍が急増していることを、
広く知っておいてもらいたいのです。

子どもが生活習慣病?! 
驚きですよね。

高血圧・糖尿病・高コレステロールを始め、
心疾患などを発症します。

肥満も同様に、食生活が豊かになったことが起因して増えています。

子どもの頃の生活習慣や体型などは、
成人まで大きく悪影響を及ぼします。

子どもの肥満は、成人の肥満を招きやすい。

従って、成人になってから
心筋梗塞・脳卒中などを引き起こす可能性が高いんです。

こうした子どもの生活習慣病予備軍を防止するためには、
食生活の見直しが大切。

外食や肉中心の脂肪過多な食事を止め、
お菓子も高カロリーの油の多いものは避けるようにしてください。

お菓子も高カロリーの油の多いものは避けるように
将来の健康を決めるのは、
子ども時代にいかに健やかに過ごしたかで決まります。

長い人生を健康で元気に暮らしていくためにも、
家族で意識していくことが大切でしょう。

子どもの幸せは、健康があってこそ成り立つもの。
食生活の見直しは、家族全体の健康維持にもつながります。

ほんの少しでいいので、
ぜひ見直す機会にしてみてください。

関連記事

【PR】